オペルの中古車買取査定相場

バナー

オペルの中古車買取相場・査定価格情報

オペルの車種から買取相場検索を行いたい車種を選択してください。

オペルのカタログを探す

車種を選択してください。

ア行
アスコナ
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
アストラ
2000年11月~2001年
平成12年11月~平成13年
インシグニア
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
インシグニアスポーツツアラー
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
インシグニアハッチバック
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
オメガ
1996年10月~1997年
平成8年10月~平成9年

カ行
カデット
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
カリブラ
1997年3月~1997年
平成9年3月~平成9年
コルサ
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]

サ行
ザフィーラ
2000年11月~2002年
平成12年11月~平成14年
シグナム
2003年12月~2004年
平成15年12月~平成16年
スピードスター
2003年1月~2003年
平成15年1月~平成15年
セネター
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]

タ行
ティグラ
1996年10月~1997年
平成8年10月~平成9年

ハ行
ベクトラ
1997年2月~1998年
平成9年2月~平成10年
ヴィータ
1997年2月~1997年
平成9年2月~平成9年

マ行
マンタ
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]
メリーバ
2004年3月~2004年
平成16年3月~平成16年

ラ行
レコルト
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]

その他
オペルその他
1960年1月~[販売中]
昭和35年1月~[販売中]

オペルのクルマを高く売るポイント~オペル車を買取・下取で高く売るための4つのポイントを紹介します。~

・オペルの中古車を高く売るポイント1:大事なのは第一印象

ほこりをかぶっている、洗車されていない、光沢の無い状態では車買取・下取のお店では、「普段から手入れをしていない」、「大切に扱っていない」、「おそらくどこかにキズやへこみがあるに違いない」という印象を与え、「減額対象になりそうな箇所が多いのでは」と思われてしまいがちです。しかし、反対にキレイに洗車され、ワックスでコーティングされている車は、買取店からも「質が良さそうな中古車」という印象を与えることが出来ます。
きちんと洗車し、丁寧にワックスをかけてから車の査定に臨むことが重要です。

・オペルの中古車を高く売るポイント2:キズやへこみの取り扱い

より良い状態で査定を受けるため、キズやへこみは修理に出したほうがよいのか、誰でも一度は悩みますよね。ですが、多くの場合、キズやへこみを修理する金額は、車の買取・査定の減額金よりも高くなってしまいます。そのため、キズやへこみを直してからよりも、直す前に査定をしてもらった方が、より高く買い取ってもらえることが多いのです。

ちなみに、キズやへこみが買取金額に与える影響は大まかに以下の通りです。
・洗車によるキズ→特に影響はありません。
・1~2箇所のちいさなキズやへこみ→大きな影響はありません。
・目立つ場所にあるこぶし大以上のへこみ、塗装のはがれ、サビなど→それなりの減額対象となります。

・オペルの中古車を高く売るポイント3:車の中の状態

外側をキレイにしても、内装はどうすればよいのでしょうか。もちろんキレイにしておいた方が印象は良いのですが、ルームクリーニングで落ちる程度の軽い汚れならほとんど減額対象にはなりません。
しかし、気をつけなければならないのは車の内装の”ニオイ”です。クリーニングでも落ちない匂いはそれなりの減額対象となってしまいます。タバコを吸われる方、ペットを乗せられる肩は普段から気にかけられることをオススメします。最近は車内用の空気清浄機機もあるようですので、普段からなるだけ注意しておくと、売却するときにより高い買取につながります。

・オペルの中古車を高く売るポイント4:エンジンや足回り

詳しくないとなかなかわからない箇所ですが、エンジンや足回りもチェックされます。これらの箇所にダメージがあった場合はもちろん減額対象になっていますので、メーカーの保証が残っている場合は、修理に出した上で査定を受けましょう。

人気メーカー・車種の中古車買取相場・中古車査定価格を調べる