ネットでも対面でもトラブルなく安心して、個人間で車の売買取引をするために【車買取・査定の為のお役立ち情報】| グー買取

バナー
  1. 車買取・中古車査定・価格相場なら【グー買取】 >
  2. ネットでも対面でもトラブルなく安心して、個人間で車の売買取引をするために

【車の個人売買における注意点】ネットでも対面でもトラブルなく安心して、個人間で車の売買取引をするために

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
車は、業者を通すことなく、友人や知人、インターネットなどを通じて個人売買することも可能です。個人売買によるメリットに引かれ、個人売買を検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、個人売買で損をしないようにするためには、あらかじめ車の個人売買の方法、査定方法、トラブル回避法、法律の話などを勉強しておく必要があります。

実際に、車の個人売買では、「インターネットを通じて車を購入しようとしたら、お金だけだまし取られた」「友人や知人に車を売ったが、代金を踏み倒された」「購入した車が事故車だったため、結果的に修理代の方が高くついた」など、買う側・売る側ともにだまされる、損をするリスクが存在します。
不利益を避け、高値で取引をするためには、必要な知識を知った上で車の個人売買を行わなければなりません。
本記事では、車の個人売買に関する基本情報や査定基準、買取準備の際の注意点から個人売買時によくあるトラブルを防ぐための方法まで、幅広く紹介します。

なお、車を高値で売却する方法の詳細について知りたい方は、下記ページをご参照ください。
【持ち込み査定と出張査定の違いと一括査定のメリット・デメリット】愛車を高値で売却するために

目次

1.【自動車の個人売買って?車は業者経由じゃなくても購入可能
  1. 車の個人売買と業者経由の取引の違いと個人売買のメリット
  2. 車の個人売買はどこで誰にするのか?個人売買する方法と事前に知っておきたい注意点
2.できるだけ得する売買をしたい!車の個人売買における査定基準と高額見積もりのポイント
  1. どんな車が高く売れる?中古車の査定チェックポイント
  2. できるだけ高く見積もってもらうためには?査定額にプラスになるポイント
3.【不要なトラブルを起こさないために!車の個人売買を行う際の事前準備
  1. 車の個人売買における売り手側のチェックポイント7つ
  2. 車の個人売買における買い手側のチェックポイント6つ
4.車の個人売買でよくあるトラブルとは?トラブル回避のために覚えておきたい予備知識
  1. 車の個人売買で想定される「よくあるトラブル」の一覧と解決策
  2. 瑕疵担保責任って何?車の個人売買で知っておきたい法律
5.まとめ

自動車の個人売買って?車は業者経由じゃなくても購入可能

中古車を購入する場合、まず購入先としてイメージできるのは中古車取り扱い業者ではないでしょうか?
しかし、車は、実際には個人売買でも購入することが可能です。

車の個人売買と業者経由の取引の違いと個人売買のメリット

中古車市場全体の10%が個人売買によって動いているといったデータもあります。友人・知人の間の売買だけでなく、ネットオークションも盛んです。店頭在庫だけではなく、複数の車を比較しながら検討できることは、ネットオークションやフリマアプリの大きなメリットといえるでしょう。

では、個人売買において売る側・買う側それぞれにどのようなメリットがあるのか、見てみましょう。

<売る側のメリット>
・自分の売りたい価格を提示できるため、自由な価格設定が可能
・中古車取り扱い業者に売却するよりも、高値で売れることがある
・個人売買に関しては消費税がかからない

<買う側のメリット>
・中古車取り扱い業者などの中間マージンが発生しない分、安価で買える
・自分の予算の範囲内で自由に探すことができる
・個人売買に関しては消費税がかからない

それでは、中古車取り扱い業者から車を買うメリットについても見ておきましょう。

・車庫証明や名義変更手続きなど、複雑な手続きも業者が詳しく説明してくれる
・法律を踏まえた複雑な販売手続きをする必要がない

業者を経由して車を購入するメリット、個人が直接取引をするメリットについて、ご理解いただけたでしょうか?車の売買は、方法によってさまざまなメリットが存在します。各メリットを理解した上で、自分に合った売買方法を選択することが大切です。

車の個人売買はどこで誰にするのか?個人売買する方法と事前に知っておきたい注意点

車の個人売買を希望する場合、まず「誰に売るのか?」「誰から買うのか?」という点をはっきりさせる必要があります。
早速、売却相手別の方法と注意点を見ておきましょう。

<友人・知人と車を売買する方法と注意点>
友人・知人と車を売買する際には、話し合いで内容を決めることになります。中間マージンが発生しないことや、親しい関係だからこそ気さくに質問できるといったメリットはあるものの、友人・知人だからこそ、気をつけなければいけない点もあります。

<売る側の注意点>
・中古車売買に必要な書類や手続き方法を事前に調べ、スムーズに引き渡しが行えるようにしておく必要がある
・すでに支払っている自動車税や自動車重量税、自賠責保険について計算し、それについて話し合いを行う
・友人や知人だからこそ、支払方法や支払時期をしっかり決めておく

<買う側の注意点>
・後から車の不具合が出てきても、言いにくいことがあるため、納得がいくまで確認・質問する(事故歴、傷、へこみ、購入時の値段、オイル交換の頻度、タイヤの状態など)
・万が一、購入後すぐに車が故障した場合の修理費はどうなるのか、話し合っておく
・現在の車の自動車保険が、他人にも対応している場合は、実際に運転させてもらうことが、車幅や車庫トラブルなどの防止につながる

<インターネット経由で見知らぬ人に車を売買する方法と注意点>
インターネット経由で車を売買する場合、オークションやフリマアプリを使うことが一般的です。インターネットオークションにおける中古車の市場規模は拡大傾向にありますが、取引の安全性が十分に確保できているとは言い難い現実があることを忘れてはいけません。

<売る側の注意点>
・購入者と実際に対面しないため、記載されている情報が全て信用できるとは限らない
・車の輸送手続きをしたにも関わらず、代金の支払いが滞る可能性もある
・車の現状をあらかじめ伝え、ノークレーム・ノーリターンと告げたにも関わらず、写真と異なるなどのトラブルが発生することがある

<買う側の注意点>
・現物が確認できないため、サイトに掲載されている情報が本当かどうかを知るのは車到着後になる
・写真や動画による解説、丁寧な説明文が書かれていたとしても、詐欺である可能性がある
・現物確認ができる距離であれば、購入前に現車確認した方が安心できるが断られることもある

友人や知人との売買であれば、無条件で安心というわけではありません。さらに、インターネット経由による見知らぬ人への販売であれば、リスクはさらに増えるでしょう。

特に、個人が売り手になる場合は、さまざまな責任を負う必要があります。取引相手が誰であったとしても、また、売り手・買い手のどちらになったとしても、今回ご紹介した注意点を踏まえた上で、信頼できる取引が可能かどうかを判断することが大切です。

できるだけ得する売買をしたい!車の個人売買における査定基準と高額見積もりのポイント

まずは個人売買で中古車を売るときに、高値が付くポイントについて紹介します。

どんな車が高く売れる?中古車の査定チェックポイント

参考にしておきたいのが、自動車業界が自主的に定めた中古車販売の際の表示ルールです。表示ルールがある=購入者が気にする(高値が付く)ポイントと考えてよいでしょう。

・初度登録年月(軽自動車は初度検査年)
・自動車検査証の有効期限
・走行距離
・点検整備記録簿の有無
・修復歴の有無
・使用歴(自家用・営業用・レンタカーなど)
・定期点検整備実施状況
・リサイクル料金預託済みかどうか

これらは自分でも確かめられるポイントであるため、個人売買を検討する前に確認することが大切です。
上記を踏まえた上で、さらにどういった内容であれば、高額査定が期待できるのか見ていきましょう。

・人気の車種である
・自動車検査証の有効期限が長い
・事故歴や修復歴がない
・点検記録簿に記録が残っている(定期的にオイル交換などのメンテナンスが行われている)
・平均的な走行距離である(8,000~10,000キロ/年)
・走行距離が10万キロを超えていない
・純正パーツ、オプションがある
・タバコの臭い、動物の臭いがしない
・傷やへこみがない

自分が購入する側だとしても「こういった車が欲しい」と思うようなポイントばかりではないでしょうか?
また、査定基準価格については、一般財団法人日本自動車査定協会が発行する「中古車価格・査定ガイドブック」を取り寄せ、確認することもできます。気になる方は、下記サイトよりご確認ください。
一般財団法人日本自動車査定協会
また、売買に有利になるポイントをあらかじめ把握しておくことで、常日頃からマイナス評価となる要素を避けることが可能です。
例えば、

・安全運転をする(事故車・修復歴・傷やへこみはマイナス査定につながります)
・車内ではタバコを吸わない
・ペットを乗せない(乗せた後は消臭に気を配る)
・過剰な香りの消臭剤を使わない

といったことも心掛けておきましょう。

できるだけ高く見積もってもらうためには?査定額にプラスになるポイント

通常の査定ポイントに加え、中古車を高く売るためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

プラス査定の可能性を高めるチェックリスト
□3月または9月の決算期に売る
□車にカーナビや、メーカーオプション・ディーラーオプションが付いている
□禁煙車である
□動物を乗せたことがない
□ワンオーナー車である
□サイドエアバックがある
□バックモニターがある
□USB/VTRアダブターがある
□スペアキーなどの小物がそろっている
□シートなどに汚れ、シミなどがない

高く売るためには時期を意識することはもちろん、車内の清潔度、オプションの有無によっても評価は大きく変わると考えた方がよいでしょう。
また、前述したチェックリストの条件に外れてしまうと、マイナス評価となる可能性があります。マイナス評価となる箇所は諦めるべきなのでしょうか?それとも、手を加えるべきなのでしょうか?
ここでは修理すべき箇所、諦める箇所別に説明します。

諦めるべき箇所とは?
傷やへこみに関しては、基本的に修理に出す必要はありません。なぜなら、洗車による傷や、数カ所程度の小さな傷、へこみに関しては大きな減額対象とはならないためです。ただし、目立つ場所に、こぶし大以上のへこみや、サビ、塗装はがれなどがある場合は、減額対象となるでしょう。
しかし、「修理代>プラス査定額」となることが多いため、傷やへこみに関しては手を加えないことをおすすめします。

諦めない方がよい箇所とは?
仮に年式が古い車であったとしても、手を加えることで価格がアップするケースもあります。
特にエンジンや足回りは、点検・修理をしておきましょう。車内の清掃、洗車、ワックスコーティングなど、自分のできる範囲で外観・内装の見た目を美しく保つことも重要です。
仮に廃車になる車だとしても、部品下取車として活用されるケースがあります。また、鉄スクラップが高騰した際には買取価格が付くこともあるため、諦める必要はありません。

マイナス査定を改善するためのより具体的な対処について知りたいという方は、こちらもご参照ください。
【車のシートの汚れと査定価格】車の買取においてシートの汚れや状態などは影響するのか?

不要なトラブルを起こさないために!車の個人売買を行う際の事前準備

車の個人売買をスムーズに行うためには、売り手側、買い手側、どちらの立場でもそれぞれ気をつけるべき点があります。ここでは、売り手側、買い手側別に注意すべきポイントをご紹介します。

車の個人売買における売り手側のチェックポイント7つ

個人売買を行う上での心配点の一つに「トラブルの発生」があります。トラブルを防ぐため、売り手側が気をつけなければいけないポイントについて見ていきましょう。

□車の個人売買を行う流れをしっかりと把握できているか
□買い手としっかりとコミュニケーションが取れているか
□自分が希望する売却日まで、時間に余裕を持って交渉を進めているか
□売却相手が遠方に住んでいるなど、現車確認ができていない状況でも、丁寧に車の状況を伝えた上でノークレーム・ノーリターンである説明が十分できているか
□車の引き渡しと入金が同時に行われるような形が取れているか
□契約後のキャンセルについて話し合いができているか
□相手の身元などの確認ができているか(代金未払いリスクがあることも想定しているか)

上記7つのポイントは、個人売買を行う上で売り手として最低限理解し、把握しておかなければいけない内容です。さらに、個人売買を行うには、膨大な書類を作成し、手続きを自分で行う必要があることも忘れてはいけません。
その上で、まずは「売買の流れを把握する」ことを心掛けましょう。

車の個人売買における買い手側のチェックポイント6つ

個人売買において車を購入するためには、買い手側も通常購入以上にさまざまな知識を持ち、交渉する必要があります。トラブルを防ぐため、買い手側が気をつけなければいけないポイントを紹介します。

□売り手としっかりとコミュニケーションが取れているか
□購入条件や車の状態のチェック漏れがないか、時間に余裕を持って確認できているか
□受け渡し時期は明確に定められているか
□受け渡し直後、車のトラブルなどが発生した場合の修理代など、保証についての話し合いはできているか
□ネットオークションなど現物確認ができない状態の場合、特に念入りに車の状態を確認したか
□相手の身元などの確認ができているか(代金は振り込んだが車が受け渡されないなどのリスクがあることも想定しているか)

いくら車自体を気に入ったからといって、取引の最中にトラブルが起きてしまうと、印象も良くありません。気持ちの良い取引を行うためには、売り手任せにせず、買い手側も車の個人売買の知識を予習する必要があります。

車の個人売買でよくあるトラブルとは?トラブル回避のために覚えておきたい予備知識

車の個人売買では、業者との取引以上にトラブルが起こりやすいものです。まずは、個人売買を行う前に、よくあるトラブル事例と解決方法について学んでおきましょう。

車の個人売買で想定される「よくあるトラブル」の一覧と解決策

個人売買を行う上での心配点の一つに「トラブルの発生」があります。トラブルを防ぐため、売り手側が気をつけなければいけないポイントについて見ていきましょう。

トラブル事例1:売り手から事故車であることを知らされないまま、購入してしまった。車を返却するので、支払済の代金を返してほしいと告げているが、断られている。
虚偽内容にて契約しないように、あらかじめ確認が必要。ただし、この場合「瑕疵担保責任」が発生するため売り手が不利
トラブル事例2:車はすでに引き渡したが、買い手の友人が代金を支払ってくれない。しかし、友人ということもあり、あまり強く言えず困っている。
基本的に一括払いを行い、分割やローン支払いは避ける。車の受け渡しと現金の支払いは同時期に行い、その方法を嫌がる相手は友人であっても断ること
トラブル事例3:ネットオークションで車を購入。事前情報と実物が大きく異なっていたが「ノークレーム・ノーリターン」と言われ、返金してもらえない。
近距離の場合は、実車確認がおすすめ。確認できない場合は、動画や写真を含め、念入りに確認すること。細かな確認を嫌がる相手とは取引を断るべき。
トラブル事例4:「検討中」と伝えていた車があったが、他に良い車が見つかったので取引を断った。「あなたのために、他の購入希望者の話を断ったのに困る。違約金を払え」と言われ困っている。
契約書を交わしていないにも関わらず、違約金が発生すること自体違法行為だが、「検討中」「もう少し考える」といった曖昧な返事はトラブルの元。「何日までに回答する」などはっきりとした日を設定すること。
トラブル事例5:早く売却したいと焦ってしまい、名義変更などの手続き前に車を引き渡したところ、相手が事故を起こしてしまった。自分に責任があるのか?
名義変更が済んでいない状態で、他人が車を運転して事故を起こした場合、車の所有者に責任が生じるため注意が必要。売却予定日までには余裕を持って行動し、どれだけ急いでいても名義変更などの手続きは全て終えてから引き渡す必要がある。
トラブル事例6:未成年者から本人が所有している車を買い取る契約をしたが、後日親が出てきて、返金するので車を返してほしいと言われた
たとえ未成年本人名義の車であったとしても、民法第5条「未成年者の法律行為」により、未成年者の売買行為に関しては取り消すことが可能と定められている。相手が未成年の場合は、親の同意書の有無を確認した上で取引を行った方がよい。
トラブルを100%防ぐことはできません。しかし、あらかじめトラブル事例と対処法を知っておくことで、万が一のトラブル発生時にも落ち着いて行動することができるでしょう。

瑕疵担保責任って何?車の個人売買で知っておきたい法律

車の個人売買をする際に知っておくべき内容は、売買の流れだけではありません。さまざまな法律がある中、最低限頭に入れておきたい法律の一つが「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」です。

瑕疵担保責任とは、売買を行う上で一般の人が判断できないような隠れた不具合があり、売買後にそれが発覚した場合、買い主は損害賠償や契約解除を求めることができるといった意味合いを持ちます。また、この法律は車に限ったことではありません。住宅や物販以外のサービスなどに対しても、適応されます。
例えば、

・事故車であることを隠して売却した
・修理歴があるにも関わらず、なしだと告げて売却した
・走行距離メーターを偽造した
・ネットオークションの際に、同車種の別の車の写真や動画を掲載し、売却した

といった内容は、瑕疵などに該当する可能性が高いといえます。
また、個人売買の大きなデメリットとして、売り手も買い手も相手に訴訟を起こされるケースがあることが挙げられます。

・車の欠陥を隠したまま売却した
・代金を受け取った後、別の人に高値で販売した
・代金を踏み倒した
・手続きがスムーズにいかず、納品予定日に間に合わなかったため買い主に損害が発生した
・やりとりの途中でトラブルが発生し、嫌がらせの意味でネット上に個人情報を暴露した

トラブルに巻き込まれないように気をつけることも大切ですが、中古車の売買に関するトラブルは、専門業者に依頼することで避けられることも多いといえます。

<車の売買を専門業者に任せるメリット>
・取引相手にめったなことで訴訟されない
・書類の準備や手続きによるミスが発生しない
・代金未回収となる心配がない
・買取価格査定が正確で速い
・身元のしっかりしている専門業者ならではの安心感がある
・保証期間などの話ができるため、購入後の車トラブルにも対応
・修復歴の有無、事故車かどうかなども詳しくチェックされている
・個人売買のように相手の都合に合わせる必要がなく、自分のペースで交渉が進められる
つまり、車は個人売買するよりも実績のある中古車専門業者に任せた方が安心です。
車の個人売買に関しては、一見、直接やりとりができるため、お互いにメリットがあるように感じるかもしれません。しかし、実際のところ手続きの複雑さや知人・友人ならではの交渉の大変さ、顔が見えない相手とのコミュニケーション含め、トラブルが多発しているというのも事実です。

車の個人売買には、買い手側・売り手側ともに多大な労力が発生します。素人が個人売買をするよりも、プロの業者に任せることでお互い安全・安心な取引をすることが可能です。
車の買い替えを検討中の方は、まずは愛車の買取相場を調べてみてはいかがでしょうか?グー買取では、営業電話がかかってくる心配がなく、現在の買取相場を調べることが可能です。

まとめ

本記事では、車の個人売買に伴う注意点について紹介しました。最後に、もう一度内容を再確認しておきましょう。

・個人または業者経由で車を売買する場合、それぞれ取引方法とメリットが異なる
・車の個人売買方法と注意点を知ることが、トラブルを起こさない安全な取引をする秘訣
・高く売れる中古車の査定ポイントと、査定プラスポイントを事前に押さえておくこと
・売り手側・買い手側共に「車の個人売買の流れを把握しておくこと」が重要
・相手任せにせず、書類や手続きの知識、法律に関する知識を身に着け、対応する必要がある
・金銭未払い、瑕疵担保責任など車の個人売買のトラブルは想像以上に多い
・トラブルを未然に防ぐためにも、トラブル事例と解決策は確認しておくこと
・車の売買には法的責任が伴うため、個人の力には限界がある。専門業者に依頼して車の売買を行った方がよい

しかし、中古車販売業車に売却する場合も、交渉を有利に進めるためには相場を把握しておくことが重要です。
グー買取サイトでは、メーカー、車種名、年式、グレードといった愛車の情報を入力するだけで、すぐに買取相場を知ることができます。
まずは一度、あなたの愛車の相場を検索してみてはいかがでしょうか。

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
関連記事

人気車種の買取金額を調べる!

PROTO 情報を未来の知恵に