軽自動車の税金について分かりやすく解説!【車買取・査定の為のお役立ち情報】

バナー
  1. 車買取・中古車査定サービスならグー買取 -買取価格相場を知って高く売る- >
  2. 軽自動車の税金について分かりやすく解説!

【中古車の軽自動車税】軽自動車の税金について分かりやすく解説!

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
軽自動車を中古で購入する場合、税金がどのくらいかかるのか分からないと感じたことはありませんか?支払うべき税額の知識を持っていないと、購入予算をオーバーしてしまったり、購入した車を維持できず手放さなければいけなくなったりするケースがあります。

そういった事態を防ぐためにも、軽自動車に関する全ての税金に対する知識を身に付けておきましょう。必要経費を理解した上で、中古の軽自動車を購入するのがおすすめです。

ここでは軽自動車にかかる税金や納税方法など、税金に関するさまざまな情報を解説します。

軽自動車の税金に関する知識を得ることで、中古車購入時にしっかり経費や維持費の目安がつけられるようになるでしょう。

目次

1.軽自動車の税金は?軽自動車税・自動車重量税・自動車取得税の主に3つ
  1. 【毎年支払う軽自動車税】4月1日時点での所有者に納税義務がある
  2. 【車検時にかかる自動車重量税】対象車には減税される場合もある
  3. 【購入時にかかる自動車取得税】中古軽自動車は免税されるケースが多い
2.エコカーなら減税される?中古車でもエコカー減税を受けるには
  1. エコカー減税は環境性が優れた車が受けられる優遇制度
  2. 中古車でもエコカー減税が受けられる?エコカー減税適用の条件
3.軽自動車税の納税方法は?期限内に現金で納付が基本
  1. 軽自動車の納税。ライフスタイルに合わせて支払い方法を選択
  2. まだ納税通知書が届く?車を手放した時に必要な手続き
4.まとめ

軽自動車の税金は?軽自動車税・自動車重量税・自動車取得税の主に3つ

軽自動車にかかる税金は、「軽自動車税」「自動車重量税」「自動車所得税」の3つです。
ここからは、それぞれの税金について説明していきましょう。

【毎年支払う軽自動車税】4月1日時点での所有者に納税義務がある

「軽自動車税」とは、毎年4月1日時点での自動車の所有者にかかる税金です。また、自家用軽自動車(5ナンバー)と、貨物用の自家用軽自動車(4ナンバー)では、税額が異なります。

  旧税率 新税率
自家用軽自動車(5ナンバー) 7,200円 10,800円
貨物用自家用軽自動車(4ナンバー) 4,000円 5,000円

参照:総務省HP/平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

総務省の記載によりますと、

・2015年(平成27年)4月1日以降に、最初の新規検査を受けた軽自動車=新税率
・2015年(平成27年)3月31日までに最初の新規検査を受けた軽自動車=旧税率

と区分されています。

新規検査を受けた日=車両番号の指定を受けた日(車のナンバーが決まった日)であり、この日によって税率が異なります。初めて車両番号の指定を受けた年月の確認をしたい場合は、車検証を用意してください。車検証に記載されている「初度検査年月」が、車両番号の指定を受けた年月となります。

ただし、初度検査年月が2003年(平成15年)以前の場合は、年のみ(例:2000年(平成12年))が記載されています。この場合は、全て記載年の12月を車両番号の指定を受けた年月とみなしてください。

経年重課について
2016年より、最初の新規検査から13年を経過した軽自動車などについては、経年重課税として、概ね20%が上乗せされる「経年重課」が導入されました。経年重課に関しましても、乗用の自家用軽自動車(5ナンバー)と貨物用の自家用軽自動車(4ナンバー)で税額が異なっています。

  重課税率
自家用軽自動車(5ナンバー) 12,900円
貨物用自家用軽自動車(4ナンバー) 6,000円

参照:総務省HP/平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

車を購入するタイミングが明暗を分ける!
つまり、4月2日以降に車を取得した人は、次の軽自動車税を支払うのは翌年度になるのです。そのため、3月31日に取得するよりも、4月2日に取得した方がお得と言えるでしょう。

【車検時にかかる自動車重量税】対象車には減税される場合もある

「自動車重量税」とは、新規登録時(3年分)と車検(2年分)の際に、車検証の有効期間分をまとめて支払う税金です。自家用乗用車に関しては、車両の重さ(重量)によって支払う税額が変わりますが、軽自動車の場合は重さに関わらず定額になります。

普通自動車の場合は、国土交通省ホームページにて「次回自動車重量税額照会サービス」の確認ができますので、中古車の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。軽自動車の場合は、一般社団法人 自動車検査登録情報協会ホームページにて内容をご確認ください。

軽自動車税のグリーン化特例とは?
環境性能の優れた軽自動車の普及を目的としたものが「グリーン化特例(軽課)」です。期限が、2018年度・2019年度の2年間に延長されています。電気軽自動車および天然ガス軽自動車の場合は75%軽減されるなど、恩恵は大きいですが、2017年4月1日から2019年3月31日の間に、初めて車両番号の指定を受けた軽自動車であるとの条件つきのため、中古軽自動車に関してはあてはまりません。

【購入時にかかる自動車取得税】中古軽自動車は免税されるケースが多い

「自動車取得税」とは、自動車を購入した際にかかる税金であり、「自動車の取得価格」に対して課税されます。税額の計算方法は「取得金額×税率(軽自動車の場合は2%、普通自動車の場合は3%)=支払うべき税額」です。

しかし、中古車の取得金額は購入金額ではありません。「基準額」に総務省が公表している「残価率(経過年数に応じる)」を用いて計算するため、年数が経てば経つほど残価率は少なくなります。最終的な取得金額が50万以下となれば、自動車取得税は不要です。

必ずしも中古軽自動車の自動車取得税がゼロになるわけではありませんが、他にもさまざまな基準を満たすことで免税されるケースは多いようです。

エコカーなら減税される?中古車でもエコカー減税を受けるには

前セクションでは、軽自動車に関する税金についてご説明しましたが、ここからは中古車でも恩恵が高いエコカー減税の制度について、エコカーとは何かといった基礎的な部分を含め、詳しくご説明します。

エコカー減税は環境性が優れた車が受けられる優遇制度

エコカーとは、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素問題を解決するために開発され、国土交通省が定める燃費基準や排出ガス基準をクリアした車のことをいいます。そんな環境性が優れた車が受けられる税の優遇制度が、「エコカー減税」です。

近頃話題の「ハイブリッドカー」は、エコカーという大きなカテゴリの中に、ハイブリッドカー(エンジンとモニターの2つの動力を使って動く車)が入っているものです。また、電気自動車とハイブリッドカーを融合させたプラグインハイブリッドカーも、エコカーの一種と言えます。

エコカー対象車につきましては、国土交通省ホームページ内「減税対象自動車一覧」をご確認ください。また、各自動車メーカーサイトでも、対象車を記載しています。

エコカー減税を受けることで、自動車重量税・自動車取得税の減税が可能です。2017年(平成29年)度税制改正で対象となる燃費基準および軽減措置が見直され、2年間延長されました。ただし、全ての車がエコカー減税を受けられるわけではなく、国土交通省ホームページ内「減税対象自動車一覧」に含まれている車であること、さらに適用期間中に新車新規登録等を行った場合に限り、1回限りの特例措置が適用される仕組みです。

中古車でもエコカー減税が受けられる?エコカー減税適用の条件

中古車でも、対象車であればエコカー減税を受けることは可能です。
購入しようとしている中古車がエコカー減税に適応するのかどうかを知りたい場合は、一般社団法人 日本自動車工業会が掲載した「2017年(平成29年)度税制改正に伴う自動車重量税の税額の基本的な考え方(フローチャート)」でご確認ください。

しかし、現在のエコカー減税は恒久的に適用されるわけではありません。元々、地球温暖化対策などを目的とし、始められたエコカー減税ではありますが、一部メーカーの燃費不正問題により、根本的な問題が揺らいでいるのが現状です。また、車の燃費水準が年々向上していることを踏まえ、安定した財源確保のために定期的な見直しが行われています。今後、エコカー減税適用基準はより一層厳しくなると考えられるでしょう。

軽自動車税の納税方法は?期限内に現金で納付が基本

軽自動車の税金の種類や減税についてご説明しましたが、いかがでしたか?ここからは、具体的に税金を支払う方法についてご説明します。日々忙しいからとついつい納税を忘れがちな人は必見です。

軽自動車の納税。ライフスタイルに合わせて支払い方法を選択

軽自動車税は、毎年4月1日の時点で軽自動車をお持ちの納税義務者へ市区町村より課税されます。
課税の流れは、次の通りです。

<~3月>
中古車購入

軽自動車検査協会にて、名義や住所変更、廃車手続き
または市町村役場に税金の申告(自己申告または業者に代行依頼)

市区町村役場

<5月>
納税義務者へ納税通知を発送

中古車の場合は、を購入したタイミング(3月31日まで、または4月2日以降)によって、納税の義務が発生します。また納入期限は使用の本拠の位置を管轄する市区町村によって異なりますので、気になる場合は、各市町村役場の担当まで尋ねることをおすすめします。

軽自動車税の支払い方法は、次の4つです。

・金融機関の窓口(現金)
・コンビニ(現金)
・インターネット(クレジットカード)
・ペイジー(銀行のATM・インターネットバンキング)

納入期限を過ぎると延滞金が発生します。
窓口やコンビニに行くのが面倒、ついつい忘れがちという人は、他の支払い方法を検討しましょう。自分のライフスタイルなどに合わせて、自分に合った支払い方法を選びましょう。

まだ納税通知書が届く?車を手放した時に必要な手続き

「車を譲渡したのに、まだ軽自動車の納税通知書が届く!」とお困りの方はいらっしゃいませんか?実は、いくら車本体を譲渡したとしても、名義変更の手続きをしていなければ、以前の持ち主であるあなたに納税通知書が届くのです。

軽自動車税は、毎年4月1日の時点での納税義務者に課税されるものです。、車を譲渡した場合は、必ず名義変更を行いましょう。

自分で名義変更をするのは大変そうとお考えかもしれませんが、心配は不要です。必要な手続きは、全てグー買取が行います。売却を行った場合も、安心してお任せください。

まとめ

それでは、最後に中古車の軽自動車税をはじめとした税金、減税制度について、もう一度振り返っておきましょう。

・4月1日時点での自動車の所有者にかかる軽自動車税だが、軽自動車の場合は、4月2日以後に取得した人は翌年度まで軽自動車税は納めなくてもよい
・初めて車両番号の指定を受けてから13年を経過した三輪以上の軽自動車に対して重課税が適用される
・自動車重量税は新車の新規登録と車検の際に納付する。軽乗用車、軽貨物車とも減税により金額が異なる
軽自動車は、新車・中古車にかかわらず自動車取得税が取得価格の2%が課税されるが、取得価額が50万円以下の場合は課税されない
・エコカー減税はエコカー対象車に「自動車所得税」「自動車重量税」が軽減される制度
・中古車でも対象車ならエコカー減税が自動的に受けられる
・軽自動車税の納税方法は、金融機関窓口、コンビニ、インターネットでクレジットカード払いやペイジーを利用する方法などがある

車の買い替えを検討中の方は、グー買取にて愛車の買取相場を調べてみませんか?営業電話がかかってくる心配は、一切ありません。

軽自動車を買い替える前に、まずはご自身の愛車をできるだけ高値で買い取ってもらえる店舗を見つけられるよう、ぜひ一度グー買取をご活用ください。

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
関連記事

人気車種の買取金額を調べる!

PROTO 情報を未来の知恵に