燃費やデザイン、タイプや性能で選ぶ人気の車種【車買取・査定の為のお役立ち情報】

バナー
  1. 車買取・中古車査定・価格相場のグー買取 >
  2. 燃費やデザイン、タイプや性能で選ぶ人気の車種

【男性におすすめの軽自動車】燃費やデザイン、タイプや性能で選ぶ人気の車種

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
男性の中にも、「軽自動車をカッコよく乗りこなしたい」「安全でコスパの良い軽自動車を家族の足として使いたい」と考えている人が増えています。

すでに車の買い替えや購入を検討中の方は、まず車買取の際に安定した価格で買取してもらえる軽自動車の情報についてチェックしておきましょう。
【車買取・車査定の基礎知識】相場・比較方法を知って愛車の査定をアップ!車買取の流れ

「軽自動車に乗っていることでばかにされてしまう」「乗っている自動車で人間性を判断される」といったケースを心配している方はいらっしゃいませんか。最近の軽自動車の性能やデザインの進化は、目覚ましいものがあります。しかしその一方で、一般の人にまだまだ知られていない部分も多く、軽自動車に対して抱いているイメージと、実際の軽自動車の性能が一致していないことも少なくありません。

本記事では、男性におすすめの「カッコよくて使い勝手が良い軽自動車」を目的別にピックアップした上で、軽自動車の選び方をご紹介しています。

目的や予算に合わせて、なおかつ男性におすすめの軽自動車の選び方を知ることで、軽自動車購入がよりスムーズになること間違いありません。

目次

1.車両価格や燃費・加速性が魅力。性能で選ぶコスパの良い軽自動車
  1. コスパ重視!価格と燃費のバランスの良い軽自動車3選
  2. 加速やパワーも捨てがたい!ターボ付きおすすめ軽自動車2選
2.見た目にはこだわりたい。デザインで選ぶおしゃれ・カッコいい軽自動車
  1. 外観デザイン(エクステリア)がハンサムな軽自動車2選
  2. 内装(インテリア)がおしゃれな軽自動車2選
3.家族や彼女と安全にドライブ。生活スタイルで選ぶおすすめ軽自動車
  1. 安全・快適・便利!ファミリーにおすすめの軽自動車2選
  2. ドライブデートに!女性もうれしいおしゃれな軽自動車3選
  3. スポーツカーやオフロードでキメる!カッコいい軽自動車3選
4.カッコいい軽自動車の選び方は?男性に人気の軽自動車の特徴
  1. 一昔前のイケてないイメージはもうない!?魅力的に進化する軽自動車
  2. 満足できる車を買うためにおさえておきたいポイントと選び方
5.まとめ

車両価格や燃費・加速性が魅力。性能で選ぶコスパの良い軽自動車

軽自動車を選ぶ際の一つのポイントとなるのは、やはりコスパではないでしょうか。一般社団法人 全国軽自動車協会連合会が発表した「軽自動車(乗用)の2018年度の販売台数ランキング(人気ランキング)」をもとに、コスパ最強の軽自動車を3つ選んでみました。

コスパ重視!価格と燃費のバランスの良い軽自動車3選

・スズキ ワゴンR
人気のトールワゴン型が特徴のワゴンR。ハイブリッドながら、100万円台から購入できる手頃さも人気の秘訣です。軽ワゴンの中ではNo.1の低燃費を誇る理由は、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)のおかげと言えます。また、減速時に蓄えた電力を燃料の消費が多い加速時のモーターアシストに利用するため、力強い加速が可能です。エンジンの再始動時も静かでスムーズなため、音に対するストレスを軽減してくれます。

・ダイハツ ミライース
2018年3月ミラ生産終了以降、4月よりミライースと名称変更。低価格、低燃費が特徴のミライースは、車両の軽量化や空気抵抗の低減から、最大35.2km/Lの低燃費を実現しています。いくら低燃費でも、走っている最中にストレスを感じる車は辛いものですよね。その点、ミライースはノンターボながら、加速の良さにも自信があります。

・ダイハツ ムーヴ
低燃費とドライバーの運転しやすさを両立させたムーヴも、コスパに優れた車の一つです。価格はミライースに比べるとやや高いものの、110万円台から購入可能と、手が届きやすい点も高評価です。また、軽量高剛性ボディは、低燃費と乗り心地の良さ両方のメリットを十分に発揮してくれるため、価格以上の満足度が期待できることでしょう。

加速やパワーも捨てがたい!ターボ付きおすすめ軽自動車2選

軽自動車でも加速、パワーを重視したい人に特におすすめなのは、ターボ付きの軽自動車です。「ターボ=燃費が悪くなる」というイメージをお持ちの人もいらっしゃるかもしれませんが、現在の軽自動車は車体が重くなっているため、ノンターボ以上にターボ車の燃費が良いケースもあります。

また、ノンターボの場合、どうしても急勾配や高速道路での加速に弱い面がありますが、ターボ車であれば、1,000〜1,300cc程度の普通車と同等の力が期待できます。街乗り専門であれば、ターボ付き軽自動車のメリットは少ないかもしれませんが、レジャーや長距離移動が多い場合は、ターボ付きを検討してみるのも良いでしょう。

・ホンダ N-BOX G・Lターボ
2017年度新車販売台数1位を誇るN-BOXより、ターボ付きで人気のスーパートールワゴンです。スムーズな加速は、男性からも高評価を得ています。また、ベージュ×ブラウンの内装は、落ち着きある雰囲気を醸し出しているため、男性が乗っても違和感はありません。ブリリアントスポーティブルー・メタリックやブリティッシュグリーン・パールなど、重厚感あるボディカラーが選択できる点も男性から支持されています。

・ダイハツ ムーヴXターボ
2017年度新車販売台数2位のムーヴより発売されたXターボは、ターボ付きながら、燃費と価格のバランスの良さが特徴です。2WDの燃費は、27.4km/Lと、ターボなしの軽自動車にも負けず劣らずの低燃費は見逃せません。また、ボディカラーは全部で10種類あり、中でもメーカーオプションのディープブルークリスタルマイカなどが人気です。

見た目にはこだわりたい。デザインで選ぶおしゃれ・カッコいい軽自動車

前セクションでは、性能重視の軽自動車をご紹介しました。しかし、軽自動車の魅力はそれだけではありません。次に、おしゃれでデザイン性の高い軽自動車を外観・内装別にご紹介します。

外観デザイン(エクステリア)がハンサムな軽自動車2選

・ホンダ N-WGNカスタム
軽自動を超えた軽自動車です。外観・質感・価格ともバランスの取れたトールワゴン系は、カッコイイ軽自動車に乗りたい男性にぴったりの逸品といえるでしょう。中でも「特別仕様車 SS 2トーンカラースタイルパッケージ」には14インチのアルミホイールが、「特別仕様車 ターボ SS 2トーンカラースタイルパッケージ」には15インチのアルミホイールが装備されており、よりカッコよさを引き立てます。

・日産 デイズルークスライダー
AUTECH JAPANが公式にカスタマイズして販売しているこだわりのデザインが特徴のデイズルークスのライダーは、Riderロゴ入りエンブレムやLEDバンパーイルミネーション、15インチアルミホイールなど、専用アイテムが勢ぞろいしている大人の男性向けのこだわり軽自動車です。さらにディーラーオプションとして、専用プラスチックバイザーやフロアカーペット、バックドアモールを装備することもできるため、強いこだわりを持つ人からも高い評価を得ています。

内装(インテリア)がおしゃれな軽自動車2選

・ダイハツ キャスト
新車販売台数の順位は12位ながら、個性的なスタイルと内装が魅力の車です。「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3タイプから好みに合わせて選択でき、内装もそれぞれ異なります。スタイルの内装は、ライトベージュもしくはブラックを基調とした落ち着きのあるデザインが基本です。アクティバの場合、インパネのデザインが異なり、よりアグレッシブな印象を与えてくれます。スタイル、アクティバ共に内装(インテリアカラー)をディーラーオプションにて追加できるため、自分好みの色を選ぶことができます。

・ホンダ N-BOXスラッシュ
個性豊かな6つのインテリアが特徴のN-BOXスラッシュは、こだわりの強い男性にぴったりの軽自動車です。漆黒のニューヨークをイメージした「ダークスタイル」、目に鮮やかな赤が大胆に彩られている「ダイナースタイル」、冒険心を刺激する「トレッキングスタイル」、太陽・青空・海をイメージした「グライドスタイル」、シックな「セッションスタイル」、ナチュラルな「ブライトロッドスタイル」の中から、自分好みの内装を選びましょう。

家族や彼女と安全にドライブ。生活スタイルで選ぶおすすめ軽自動車

次は生活スタイル別に選ぶおすすめの軽自動車の紹介です。ファミリー向け、ドライブデート向け、オフロード向けなど、あなたの生活スタイルに一番合う軽自動車を探してみましょう。

安全・快適・便利!ファミリーにおすすめの軽自動車2選

・スズキ スペーシア
日常の買い物からファミリー全員のお出かけまで安心できる、予防安全技術搭載車です。男女問わないデザインであり、パパとママが運転を交代する際もスムーズに交代できるようスペースが確保されています。また、スリムサーキュレーター付きのため、車内はいつも快適な空気が循環し、居心地の良い空間が出来上がります。ハイブリッド車ならではのパワーも、心強いポイントですね。

・ダイハツ タント
累計販売台数200万台突破したタントの魅力は、なんといっても広くて大きいミラクルオープンドアにあります。ロングスライド機構があるため、運転席に座ったままでも後部座席の子どもに手が届く点も安心できるポイントです。ファミリーカーに欠かせない安全装備であるスマートアシストも、もちろん完備しています。

ドライブデートに!女性もうれしいおしゃれな軽自動車3選

・スズキ ハスラー
アクティブに遊べる軽自動車といえばハスラーといっても過言ではないほど、アウトドアに適した車の代表格です。女性受けが良いだけでなく、装着アクセサリーの豊富さも見逃せないポイントです。例えば、カーテン&タープキットを取り付けるだけでキャンプが楽しめたり、ラゲッジボードを使うことで釣り道具をスッキリ収納できたりと、特にドライブ&アウトドア派のカップルにおすすめの軽自動車です。

・日産 デイズルークス
トールワゴン人気はまだまだ健在です。デイズルークスには、軽自動車初の「ナノイー」発生機能が搭載されているため、デート中も居心地の良い車内で話が弾むことでしょう。さらに個性を求めたい場合は、AUTECH JAPANでカスタマイズされたビジュアルがおしゃれな「ボレロ」を選ぶという方法もあります。

・ダイハツ ウェイク
CMからもアクティブな活用方法が伝わってくるウェイクは、全高1,835mmとランキング上位の軽自動車の中でもトップクラスです。自転車やサーフボードも積める多様なシートアレンジは、ウェイクならではの特徴といえます。高さ1,140mm×幅875mmの大きな荷室は、アクティブな2人の行動範囲をさらに広げてくれること間違いなしでしょう。

スポーツカーやオフロードでキメる!カッコいい軽自動車3選

・ホンダ S660
軽自動車のスポーツカーの代表格とも言えるのが、S660です。ホンダ市販車最小径となるφ350mmのステアリングホイール、風を感じるオープンエア、専用スポーツシートなど、走る喜びを味わえる軽自動車です。

・ダイハツ コペン
軽自動車のスポーツカーでもうひとつの代表格と言えるのがコペンです。スイッチ一つでルーフが開き、青空を眺める爽快感は、一度運転すれば病みつきになること間違いなしでしょう。ヘッドレスト一体型スポーツシートや自発光式3眼メーターなど、安全性と運転の楽しさを兼ね備えている車です。また、軽量な3気筒DOHCターボエンジンを搭載しており、これもまた車好きの男性にとっての大きなポイントと言えるでしょう。

・スズキ ジムニー
一方、軽自動車のオフロード代表格といえば、ジムニーです。2WDから4WDへの切り替えもスイッチひとつで可能なため、林道・砂利道などのオフロードにも適応します。本格4×4の伝統を受け継ぐラダーフレーム使用のため、悪路を走行中も衝撃を受け止め、走行性能を高めてくれます。

カッコいい軽自動車の選び方は?男性に人気の軽自動車の特徴

前セクションでは、カッコいい軽自動車についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もう「軽自動車=イケてない、ダサい、チープ」といったイメージは消えてしまったのではないでしょうか。

ここからは、進化した軽自動車、そして満足できる車を買うために抑えておきたいポイントについてご紹介します。

一昔前のイケてないイメージはもうない!?魅力的に進化する軽自動車

昔、軽自動車といえば価格がリーズナブルで、普通自動車に比べ高級感や性能が劣っているといったイメージが強い時代がありました。

しかし、2017年度1位のN-BOXの新車販売台数は、乗用車1位のプリウスの台数を上回っています。
なぜ、軽自動車の人気は、高まりつつあるのでしょうか?

理由としては、

・利便性(小回りが利く、狭い駐車スペースでも可能)
・経済性(自動車税や燃費など)
・軽自動車のデザインの多様化
・車をステイタスとして捉えていた時代から、移動手段の一つとして考える時代へと変化

といったことが挙げられます。

また、一般社団法人 日本自動車工業会の資料によると、2015年の軽自動車のユーザー属性は男性36% 女性64%と、依然として女性が多いものの、2007年から比較すると、男女ともに既婚者比率が数%増加しています。
さらに、男性36%のうち、未婚男性6%、既婚男性30%と、圧倒的に既婚男性が多い点も、現代の特徴のひとつです。結婚し子どもができたことで、便利で移動可能な車を購入したいという需要が高まっているものと考えられます。
また、現代の若者は車を移動手段と考える傾向が強いため、軽自動車に対するマイナスイメージはありません。むしろ、軽自動車の費用対効果に優れている点や、ファミリーに使い勝手が良くパパが運転してもカッコいい点などをポジティブに受け止めており、軽自動車の需要は今後ますます増えていくと考えられます。

最近の軽自動車のイメージは、

・小回りが利く
・維持費がかからず経済的である
・燃費が良く、ガソリン代が節約できる
・安全設備が向上しており、事故に弱いイメージが減少

となっています。そのため、ひと昔前の「ダサい」「恥ずかしい」というイメージから「経済的」「お金の使い方がうまい」といった印象に変化し、現在の若者の中には軽自動車に乗る男の人はカッコいいと感じる人も増えているのです。

満足できる車を買うためにおさえておきたいポイントと選び方

男性に人気がある軽自動車の特徴

・売り上げ1位のN-BOXをはじめとした空間の広さを特徴としたスーパートールタイプ、トールタイプ
・ターボなど走行性能が優れているもの
・エクステリアやインテリアなど内外装にこだわりがあるもの

軽自動車の選び方

軽自動車を選ぶ際のポイントは、「目的」「こだわり」「タイプ」の3つを決めることです。
「目的」は、通勤や通学、ファミリーカー、彼女とのデートなど、軽自動車を使うケースを想定してみましょう。
「こだわり」は、個人差が大きい部分です。価格、燃費、デザイン、安全性など、優先順位を考えることも大切です。そして最後に、車の「タイプ」(形状)をチェックしましょう。
この3つの条件を再確認した上で、軽自動車を選ぶことで、自分が求めている車を確実に見極めることができます。

自分が本当に乗りたい車、カッコいいと感じる車を探すため、満足度の高い車選びを行うためにも、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

まとめ

最後に男性におすすめの軽自動車について振り返っておきましょう。

車両価格や燃費・加速性などのスペックで選ぶコスパの良い軽自動車

<車両価格と燃費が重要!コスパで選ぶ軽自動車>
・スズキ ワゴンR
・ダイハツ ミライース
・ダイハツ ムーヴ

<加速性重視!ターボ付きの軽自動車>
・ホンダ N-BOX G・Lターボ
・ダイハツ ムーヴXターボ 

エクステリアやインテリアデザインで選ぶカッコいい軽自動車

・ホンダ N-WGNカスタム
・日産 デイズルークスライダー
・ダイハツ キャスト
・ホンダ N-BOXスラッシュ

目的や生活スタイルで選ぶおすすめ軽自動車

<ファミリーカーとして使いたい軽自動車>
・スズキ スペーシア 
・ダイハツ タント

<彼女とのデートにおすすめ!女性受けもいい軽自動車>
・スズキ ハスラー
・日産 デイズルークス
・ダイハツ ウェイク

<スポーツカー・オフロード車>
・ホンダ S660
・ダイハツ コペン
・スズキ ジムニー

男性に人気の軽自動車の特徴と軽自動車の選び方

・軽自動車の新車販売台数1位は乗用車よりも多い
・乗りやすさ、経済性、デザインを重視する傾向がある
・結婚し子どもが生まれると経済的で便利なファミリーカーを求める率が高まる
・「目的」「こだわり」「タイプ」の3つを考えた上で軽自動車を選ぶと、満足度が高くなる

「現在乗っている車を売却し、軽自動車に乗り換えたい」「よりカッコいい軽自動車に乗り換えたい」という方は、買取依頼をする前に、愛車の相場を調べてみませんか?

グー買取では、無料検索で愛車の買取相場を調べることができます。また、電話番号を入力する必要がないため、営業電話がかかってくる心配もありません。

「軽自動車を購入する前に、まずは自分の愛車をできるだけ高値で買い取ってもらえる店舗を探したい」とお考えの方は、ぜひ一度グー買取をご活用ください。

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
関連記事

人気車種の買取金額を調べる!

PROTO 情報を未来の知恵に