得するのはどっち?メリット・デメリットと納得できる売却のポイント【車買取・査定の為のお役立ち情報】

バナー
  1. グーの車買取・中古車査定 >
  2. 【車買取と下取の違い】得するのはどっち?メリット・デメリットと納得できる売却のポイント

【車買取と下取の違い】得するのはどっち?メリット・デメリットと納得できる売却のポイント

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
「車を売るとき、買取か下取かで迷う方は多いのではないでしょうか。せっかくの愛車を売るのですから、できれば「得したい」ものですよね。
しかし、信頼できる業者でないと、名義変更などでトラブルに巻き込まれることもあります。そうならないためには、車の「買取」と「下取」の定義とその違いをしっかりと把握することが重要です。

ただし、車の売買は法的な書類や手続きなど、複雑な要素もあり、ただ単に高額で売れることだけがお得とは限らない側面もあります。
ここでは、買取と下取では「どちらが自分にとってメリットがあるのか」について、内容を掘り下げていきましょう。

目次

1.車買取と下取の違いとメリット・デメリット
  1. 買取とは単に車を買取ってもらい、現金化すること
  2. 下取とは新たな車(新車や中古車)の購入と同時に車を引き取ってもらうこと
  3. 車買取と下取、どちらが得か
2.愛車を売る場合、価格だけで満足できないケースもある
  1. 「信頼できる人」を選ぶことで売った後も安心
  2. 口コミで丁寧・親切な対応、分かりやすい説明をしてくれるかをみよう
3.まとめ

車買取と下取の違いとメリット・デメリット

買取とは、車としての価値を査定してもらい、できるだけ高値で売ることが主たる目的です。買取が下取と最も違う点は、新たな車の購入を条件としないことです。そのため、人気の車種やボディカラーなどで状態がよければ、相場も高くなり査定価格が期待できるでしょう。ただし、すべての手続きを自分でしなくてはならないというデメリットとなる可能性もあります。

一方、下取は複雑な手続きを自分でする必要がありません。売却から購入まで一連の流れがスムーズで、車を日常的に使う方にとっては車が継続して使えるのがメリットです。一方、価格的には少し抑え気味というのがデメリットといえるでしょう。

ここからは、買取と下取の違いを細かく分析し、どちらで愛車を売却するのが合っているか見極めるために、比較検討していきます。

買取とは単に車を買取ってもらい、現金化すること

買取とは、中古車買取専門店などに、現在乗っている車を売って現金化することです。下取とは異なり、新たな車の購入を条件としないのですが、新しい車に買い替える場合、売って得たお金を次の車の購入資金に充当することができます。業者による買取価格がどのように決まるかというと、中古車業者間のオークション相場を考慮し、装備やオプションなどが査定され決定します。

買取専門店では、買取った車を現金化する流通経路が確立されているので、下取よりもが高額に売れるのが買取の長所です。また、買取専門店は自宅まで無料で出張査定してくれるほか、名義変更などの面倒な手続きも代行してくれるため、負荷なく簡単に車を売却できるのも大きな特徴といえます。

下取とは新たな車(新車や中古車)の購入と同時に車を引き取ってもらうこと

下取とは、新規に新車または中古車を購入すること条件に、車の販売店に今まで乗っていた車を引き取ってもらい、次に買う車の代金の一部に充当することをいいます。同じ販売店で売却から購入まで行うので、その一連の流れの中で発生する事務手続きも含まれることから、多くの方が利用しているようです。

車を購入予定の販売店で、下取の契約までできるため、手間がかからないのが人気の理由です。車の売買の書類や手続きがなどの面倒な手間を軽減できることは忙しい方にとってメリットといえるでしょう。通常、下取価格は相場と各社の下取基本価格に基づいて、車種や外装・車のキズなどの損傷具合や程度により査定価格が決まります。

下取の場合のメリットは、売却する車と新しい車を入れ替えるという見方もできます。そのため、売却および購入手続きが完了するまでの間も、乗り慣れない台車も不要になる傾向です。「1日でも車がないと困る」という人には最適といえるでしょう。

車買取と下取、どちらが得か

車買取と下取では、金額面では買取のほうが高額になるので金銭的にはお得感があります。しかし、「乗換えか」「単なる売却か」によってメリット・デメリットが変わるのも事実です。単に売る価格だけでいうと、買取店が高いのが一般的ですが、下取キャンペーンでメーカーから補助が出るケースがあり、下取でもお得な価格になる場合もあります。

手放すタイミングでいうと、すぐに手放さなければならない買取店は損で、車の納車まで待ってくれる下取が得ともいえます。なぜなら、人気車種の場合は納車に時間がかかる傾向があるからです。手数でいうと、下取のほうがすべて任せられるので手間がかからず、時間的にお得といえます。一方、買取は査定の手配から売却の対応まで、すべてを自分で処理する手間や時間がかかります。

購入する車の値引きでみると、下取は値引き額相当を下取額に上乗せする傾向です。しかし、買取だと上乗せができません。そのため、実際は見積もりと査定をしてもらわないと、「どちらが得か」ということは一概にいえないでしょう。

「買取のメリット・デメリット」「下取のメリット・デメリット」を、整理してみると以下のようになります。

車の買取の場合 車の下取の場合
メリット ・複数の業者に一括見積もりができ、査定金額の一番高い業者に買取ってもらえる
・パーツやチューニングも、査定に反映される可能性が高い
・次に車を購入する必要がない
・新たに買った車が納車されるまでの間、下取車に乗っていられる
・低年式車、過走行車でも値段がつきやすい(購入前提のため)
・交渉および書類手続きが1カ所で済み、負担がかからない
デメリット ・基本、すぐに引き渡すため、新たな車が納車されるまでは、車を自由に使えない期間が発生する
・車のない間、代車の手配が必要
・低年式車、過走行車には値がつかないことがある
・下取査定は、マニュアルに従った評価が中心で、中古車市場の需要などが反映されにくい
・下取価格が新しい車の値引きに含まれてしまうことが多く、下取の査定金額が明確でない

愛車を売る場合、価格だけで満足できないケースもある

「愛車を売る場合、価格だけで満足できないケースもあります。買取または下取業者の対応によって、さまざまなトラブルに巻き込まれたり、後味が悪かったりすることもあるでしょう。こういったリスクを回避するためには、どのような業者に依頼すべきでしょうか。実例を踏まえて、できるだけスムーズに売却ができるよう、順を追って解説していきます。

「信頼できる人」を選ぶことで売った後も安心

車の売却は書類の手続きも多く、問題なくスムーズに進むかどうかは、買取業者・担当者の対応に左右されることが大きいといえます。実際に、車の売却では書類作成・名義変更・保険など、売却から売却後まで、さまざまな手続きが錯綜しがちです。

そのため、トラブルが発生することもあり、いかに信頼できる業者・担当者かどうかが重要になってくるといえます。具体的なトラブルの例をみていきましょう。

      例1)買取業者が名義変更の手続きの説明をきちんとしないケース
      某中古車販売店で、譲渡者は購入注文書にサインし、通常、車購入に必要な書類一式を販売店に提出しました。しかし、「きちんと名義変更されるのか」「名義変更されず自動車税の請求がくるのではないか」「事故・交通違反され自分に責任がかかってしまうのではないか」が不安になっています。
      プロからの回答)
      日本国内の自動車取引では、多くがこのケース同様に書類一式(印鑑証明書と委任状・譲渡証明書)を託しています。全くトラブルがないわけではありませんが、基本的に元の所有者が窮地に陥るようなことはあり得ません。
      ただ、買取業者・担当者は、譲渡者に余計な心配を与えるべきでなく、少しでも不安材料をあれば払拭するような説明をしてくれることが望ましいといえます。信頼できる業者や担当者の場合は、譲渡者の気持ちを先回りして丁寧に説明してくれるでしょう。
      例2)瑕疵担保責任を問われるために保険加入をすすめる業者
      某車買取業者で、売った後に瑕疵担保責任(※)を問われるために保険に入っておくことをすすめられました。しかし、どうも納得できないのですが、どこで売ってもそういう保険に入るものなのでしょうか?
      ※瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)…売買契約の目的物に、契約の締結当時に既に欠陥・キズ(隠れた瑕疵)があった場合、売主が買主に対して負う責任のこと。
      プロからの回答)
      この業者の方針に問題があります。売却時には、査定官による厳密な査定が行われますので、査定後にクレームを出すプロは信用に値しないでしょう。
      例3)軽自動車売却後の名義変更について
      某車買取業者にて軽自動車を売却しました。即日入金されたのですが、名義変更については全く連絡がありません。
      プロからの回答)
      一般的な買取店では、名義変更・抹消登録は1週間以内、長くても10日以内に対応してくれるでしょう。
      しかし、大型買取店では日数がかかることが多い傾向です。そのため、苦情窓口などに問い合わせると、担当者へ連絡が行き、速やかに名義変更の手続きが行われる場合があります。ただし、大型買取店では人員の入れ替わりも激しいので、早めの対処がおすすめです。

他にもトラブルはさまざまですが、買取業者や担当者によって、安心して車を売れなかったり、売った後まで不安にさせられたりしないよう、業者選びは慎重に見極めたいものですね。

口コミで丁寧・親切な対応、分かりやすい説明をしてくれるかをみよう

同じ業者でも支店や担当者によって、対応が変わるケースもありますので、事前の利用者の口コミをチェックしてみましょう。特に「売却後の対応がよい」「細かいところまでサービスが行き届いている」「懇切丁寧な説明をしてもらえた」など、そういった観点で口コミを見ることがおすすめです。

また、業者選びの段階で、地域ごとや特性ごとにサーチできますので、近くの店舗の口コミ・レビューを確認し、ご自分にとって便利で納得がいく業者を見つけるのに役立ちます。「誠実な人がいるかどうか」については、業者ごとではなく、お店ごとで見定めることもポイントのひとつです。

あなたの大切な愛車の売却ですから、くれぐれも悔いのないよう事前にリサーチして、リーズナブルな価格で、そのうえスムーズな売却ができるとよいですね。

まとめ

私たちの身近に利用できる中古車の買取や下取は、似ているようで内容が異なります。買取とは、新たな車の購入を条件としない傾向です。一方、下取とは、新車や中古車の購入が念頭にある上での売却のことを指します。

査定価格面でいうと買取のほうが高い傾向といえます。ただし、売却の内容によってメリット・デメリットは変わってくるといえるでしょう。どうしても愛車を手放すとなれば、買取の金額ばかりに目がいってしまいがちです。しかし、車の売却には細かい手続きも多いため、問題なくスムーズに対応してくれる業者や担当者を見極めることも重要です。「誠実な人がいるかどうか」は、業者ごとに判断するのではなく、店舗単位で見定めることがおすすめです。

納得のいく車売却を望むなら、こちらのページから買取相場と近くお店舗の口コミ・レビューを確認してみましょう。

  • facebookボタン
  • Twitterボタン
関連記事