ローンが残っている(残積)車を買取して貰うことは可能なのか

車の売却・査定時の豆知識

ローンが残っている(残積)車を買取して貰うことは可能なのか

車を購入する場合、現金一括ではなくローンを組んで購入する場合が多いですよね。

しかし、ローンの支払い途中でも家族が増えて乗車可能人数の多い車へ変更を余儀なくされたり、新しい車が欲しくなったりなど、ローンが残っている状態で車を売却したいと考える人は少なくないはずです。

では、ローンが残っている(残債)車を買い取ってもらうことは可能なのでしょうか?

ローンが残っている(残債)車は買い取ってもらえるのか?

ローンが残っている(残債)車は買い取ってもらえるのか?結論として、ローンが残っている(残債)車でも買い取ってもらうことは可能です。
売却したい車にローンが残っているというのは意外とあるので、査定額へもあまり影響がありません。

なぜローンが残っていても車の買取が可能かというと、査定額が残っているローン額より上回る場合は、買取店がその額からローンを一括返済する手続きをしてくれるからです。
ローンを差し引いた分の金額は、車の売り主に支払われる形となります。

少し面倒なのが、買取査定額がローンの残債を下回る場合です。
この場合は、査定額(売却額)で支払いきれない不足分を現金で支払うか、現金一括で支払えないようであれば、残った金額分でローンを組みなおして支払っていくかのどちらかを選ぶことになります。

ローンが残っている(残債)車を買い取ってもらうための手続きとは

ローンが残っていると、その車の名義は使用者である売り主ではなく、ローン会社やクレジット会社になっています。

そのため、車を買い取ってもらう際は、ローン完済後に名義変更手続きを行って自分の名義にする必要があります。

個人でその手続きを行うのは手間がかかりますが、買取店側は慣れていますので、必要書類さえ用意すれば所有権解除を代行してもらうことが可能です。

その際に必要な書類は以下の通りです。

・自動車車検証
・印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・委任状
・自動車納税証明書
・実印

書類の手続きは最終的に売却が決まった際に行われるので、契約のハンコを押す前に、
この業者に任せていいのか、もっと査定額の高い買取店はないかなど、良く考えて契約を結んでください。

ローンが残っている(残債)車を買い取ってもらうタイミングについて

車の査定をしてもらって、査定額がローン額より上回っていた場合は問題ありませんが、査定額がローン額より下回っていた場合は、ローンの残額に充てる現金を準備するか、新たなローンを組むなどの必要が出てくるため、買取を依頼したいと思っても、躊躇してしまうこともあるかもしれません。

中には、望むような査定額がつくかわからず不安だからと、ローンの残額分になるようなお金を準備してから買取に出すという方もいらっしゃるかもしれませんが、ローンが残っている(残債)車を買い取ってもらう場合は、早めに買取店に相談をした方が良いと言えます。

通常、車を所有する期間が長くなればなるほど、車を走行させればさせるほど、走行距離も伸びていきますし、車の外観や内装などの劣化はもちろん、タイヤのすり減りなども進んでいきます。
車の査定額を決定するポイントとして、ボディの傷の有無や、内装の汚れや痛みの有無、走行距離、車の年式など様々ありますが、どれも、時間の経過や走行が多くなればなるほど、車としての評価が下がってしまうと言えます。

前述の通り、仮にローンが残っていたとしても車を買い取ってもらうことが可能ですし、ローンに関する諸手続きもスムーズに行ってくれます。
車を買い取ってもらう際に、少しでもローンの残額を買取額で補いたいということであれば、車の査定評価を下げないためにも、早めに買取店へ査定依頼をしてもらうことをおすすめします。

車の売却について気になることがあればお店に相談しましょう!
お店選びはこちらから>>>https://auction.goo-net.com/shop/result/

バナーボタン

関連記事

車の買取査定にかかる時間はどのくらい?

車の買取査定にかかる時間はどのくらい?

車の買取店では「スピード査定」をウリにしている所も…

車買取の見積・査定は電話でもできるのか

車買取の見積・査定は電話でもできるのか

電話で情報を口頭で伝えるだけで査定できたら楽なのに…

県外で車を売る方法と引越し時、県外ナンバーの注意点

県外で車を売る方法と引越し時、県外ナンバーの注意点

県外へ引越しが決まって車を持っていったけれど…

車の売却・査定時の豆知識の記事一覧を見る >>

PROTO 情報を未来の知恵に