車の売却は代理人でもできるのか

買取査定の手続き

車の売却は代理人でもできるのか

家族や親戚、もしくは友人などから、車の売却を代理で行ってくれないかと頼まれることがあるかもしれません。
そんな状況になった時、代理人として自分名義ではない車を売ることはできるのでしょうか?

自分名義ではない車の売却は可能なのか?

車の売却は代理人でもできるのか結論として、自分名義ではない車を代理人として売ることは可能です。
しかし、自分が所有している車を売る時よりも必要な書類が多くなります。
これは盗難車の売却といった犯罪防止のためには仕方ないことです。
ではどのような書類が必要なのでしょうか?

代理人として車を売る際に必要な書類

自分名義ではない車を代理人として売る際には、以下の書類が別途必要になります。

1.所有者の実印が捺印された委任状

委任状は決められた書式等はありませんが、「受任者の氏名、住所」「委任者の氏名、住所」「車のナンバーもしくは車体番号」を記載し、「その車の売却を代理する意思表示」などを記載することでスムーズに手続きが出来ます。

2.所有者の印鑑証明書

委任状に捺印されている実印が、市町村に登録されていることを証明する書類です。
「発行から3ヶ月以内」または「発行から1ヶ月以内」の印鑑証明書を提出する必要があります。

3.代理人の身分証明書

免許証やパスポートなど公的な身分証明書が必要になります。
これらと通常の売却でも必要な納税証明書や車検証などの書類を併せて持っていくことで、代理人として売ることが出来るのです。

参考:http://www.mlit.go.jp/common/000226587.pdf

代理人が印鑑証明書を用意できない場合は?

しかし、印鑑証明書を取得するには市町村の窓口で手続きしないといけないため、車の所有者が海外にいるなど、印鑑証明書が用意できないという状況も考えられます。
その場合は、以下の書類を用意することで売却が可能になります。

1.所有者の署名もしくは拇印
2.所有者の署名もしくは拇印の証明書

「2.所有者の署名もしくは拇印の証明書」は、車の所有者が住んでいる国の日本大使館に、パスポート・申請書・署名(拇印)する書類を持参し、大使館の担当官の前で作成します。
それを日本国内の代理人に郵送し、手続きしてもらうという流れになります。

参考:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000554.html

このように自分の名義でない車を代理人として売る際には、必要な書類を揃えることで可能になります。
色々と面倒くさいと感じるかもしれませんが、きちんとした手続き踏んで売却しなければ、後々トラブルの元になってしまいます。

もしも自分が代理人として車の売却を依頼された場合は、最初にこれらの書類を所有者に伝えることでスムーズに売却手続きが行えるでしょう。

バナーボタン

関連記事

車の売却時に名義変更は必要なのか

車の売却時に名義変更は必要なのか

車の売却を考える際、車の名義について気にしたこ…

車の売却時の車検証に記載されている住所について

車の売却時の車検証に記載されている住所について

皆さんは引っ越した際に車検証の住所を変更していま…

車の売却時に気になる車検証の個人情報について

車の売却時に気になる車検証の個人情報について

車を売る際、車検証に載っている個人情報につい…

車の売却時に関係のある法律にはどのようなものがあるか

車の売却時に関係のある法律にはどのようなものがあるか

車の売却は大きな金額が動く取引になります。その…

車の売却契約後の注意点

車の売却契約後の注意点

車を売りたいと決めても、その時すぐ売れるものではあり…

車を売却後の入金(振込)までの日数は?

車を売却後の入金(振込)までの日数は?

車の売却が決まった後に気になるのは、お金が振り込…

買取・査定の手続きの記事一覧を見る >>

売却したユーザーが選んだ!第5回レビューアワード

全国ランキング
地域別ランキング
首都圏  /  北関東  /  静岡  /  東海  /  関西  /  中国・四国
特別賞ランキング
遠方落札  /  新人賞
PROTO 情報を未来の知恵に