クルマ グーネット

車の買取契約する時の注意点

買取査定の手続き

車の買取契約の際に注意するべきこととは

車の買取契約には査定や売買契約などの手順が多く、金銭も絡むため、トラブルをまねく恐れもあります。
買取店と車の買取契約を交わす際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

車の買取とはどのようなものか

車の買取契約する時の注意点車を売却したいと思った時にディーラーへの下取や個人売買、オークション出品代行を利用したりと手段は色々ありますが、一番多いのは「買取業者」に売却する方法です。

個人売買やオークションよりも比較的価格が安定している上、知識がなくても売却の手間がかからないというメリットがあります。

査定をしてもらってから書類を整えて契約を結べば、最短でも一週間かからず売却することができます。

車の買取時によくあるトラブル

しっかりと査定して契約書を作成し、売買契約が成立したにもかかわらず、車の買取時にトラブルが発生してしまうことは多々あります。

契約をした後に、他店でもっと高く売却できると知って契約破棄を求めたり、愛車を手放すのが惜しくなって売るのをキャンセルしたいなど理由は様々ですが、基本的に契約書に捺印して契約が完了した後はキャンセル出来ません。

買取業者の中には売買契約成立後、一定期間はキャンセルに応じてくれる場合もありますが、中には逆に違約金を求められるなどトラブルに発展する恐れもあります。

また、意外に多いのが車のローンが残っているのに買取を依頼するケースです。
車のローンが残っている場合は、車検証の名義はローン会社になっているため、ローンを完済して自分の名義に変更をしてからではないと車の売却が出来ません。

ローンが残っていても売却に迫られている場合は、ローンがある車でも買取契約をしてくれる買取業者を探しましょう。

車の買取時のトラブルを防ぐための注意点

車の買取にはお金絡みのトラブルが目立ちます。
契約書には簡単にサインをせずに、必ず内容をよく確認しましょう。

買取業者の中には売買成立後に、車のキズやエンジンのトラブルを指摘され、査定価格の「減額請求」をしてくるケースがあります。
最初に提示された査定価格よりも安い価格で引き取られてしまうことですが、応じなければ損害賠償を求めてくる買取業者もいます。

この様なトラブルを予め想定し、査定時に自分の車に落ち度がないかどうか、また、減額請求されるような事態が発生する可能性があるのか否かなど、双方でよく確認しておくことが大切です。

信用できる買取業者を選び、また自分も後からキャンセルなどしない心構えで契約に進むことをおすすめします。

バナーボタン

関連記事

車の名義変更で良くあるトラブルと注意点

車の名義変更で良くあるトラブルと注意点

車を売却する際、業者に販売をすれば問題はありま…

車買取時に必要な委任状はどうやって書けばいい?

車買取時に必要な委任状はどうやって書けばいい?

自分名義ではない車を売却しようとした際、車検証…

車の買取に関する売買契約書でチェックしておきたいこと

車の買取に関する売買契約書でチェックしておきたいこと

車を所有している方は、いずれはその車両を売却か廃…

車の買取契約に必要な印鑑証明書の枚数

車の買取契約に必要な印鑑証明書の枚数

車をお持ちの方の中には、そろそろ新しい車が欲し…

車の買取契約に必要な納税証明書とは

車の買取契約に必要な納税証明書とは

車検の際に「自動車税納税証明書」が必要なのは…

車の買取・査定時の瑕疵担保責任とは

車の買取・査定時の瑕疵担保責任とは

愛車を手放す際は、車を買取業者に売却するか下…

車の財産分与を査定額を元に分配するには

車の財産分与を査定額を元に分配するには

離婚の際にトラブルや悩みのタネになるのが財産分与…

買取・査定の手続きの記事一覧を見る >>

PROTO 情報を未来の知恵に