プリウス (トヨタ)|買取相場・価格査定なら中古車買取の【グー買取】

バナー

トヨタ プリウス プリウス 2017年11月(平成29年11月)~2017年(平成29年)

トヨタ プリウス

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

トヨタ プリウス 買取相場情報

今月の買取参考価格¥30,000~¥2,362,000

愛車の情報を入力して詳細な相場情報を確認しましょう!

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

トヨタ プリウスの相場変動について

2017年6月は上昇傾向でした。現行が市場に増えつつあり、先代の小売は低調となっています。対して、AAは価格、成約率共に上昇し、値ごろ感に対して根強い需要がうかがえます。

2017年4月は下落傾向でした。年度末の下落に加え、中古市場での現行の流通台数が増加していることから、相対的に先代の価値が下落したと考えられます。

2016年12月は下落傾向でした。初期モデルやSやL等の流通台数が特に多いものの下落が顕著で、現行モデルへの世代交代が進んでいる様子が窺えます。

2016年11月は横ばいでした。年後半になるにつれ流通台数の増加と相場の下落が同時に進行中です。現行の中古市場での増加とも相関し、モデルの価値低下が進んでいます。

2016年9月は横ばいでした。現行型のデビュー後、流通台数が増加し、、卸、小売ともに長期的に相場は下落しています。成約率は一定であるため、価格変動は緩やかな傾向です。

2016年8月は下落傾向でした。全体としては例年通りの推移となっています。非常に流通が多いため、色・走行距離や内外装の評価で価格差が大きい傾向となっています。

2016年6月は上昇傾向でした。ほぼ例年並みの推移です。現行モデルの登場後、ようやく下落が沈静化しつつあるようです。流通過多のためか、過走行車の安値傾向が窺えます。

2016年4月は下落傾向でした。買い替えによる下落が継続中です。また、流通量が多いため、年式よりも走行距離重視と思われ過走行車は安価であれば成約という傾向が窺えます。

2016年2月は下落傾向でした。新型の納車が増加したためか、下落傾向です。走行距離に応じた相場のばらつきが大きく、今後も代替が進むため、全体では下落が続く見込みです。

2016年1月は横ばい傾向でした。新型が登場後、少走行では横ばい~緩やかな上昇、過走行車では下落が進んでいます。今後も代替が進むため、全体では下落が続く見込みです。

2015年12月は下落傾向でした。新型登場で下落が進んでいます。過走行車両も非常に多く、落札価格帯が幅広い状況です。今後も代替が進むため、全体では下落が続く見込みです。

環境にもやさしい高性能2WDトヨタプリウス

■世界に先駆けて搭載された未来的新機能

トヨタプリウスは、1997年から製造され続けるトヨタ社の人気車です。
大きな特長として世界初の量産型ハイブリッド専用車であることが挙げられます。
ハイブリッド車は、今でこそごく一般的となっていますが、実は、トヨタプリウスがハイブリッド車の先駆けです。
環境保護が重視される今、国内だけでなく、海外からも大きな反響を呼んでいます。

人気を表す代表的なエピソードとしては、海外の有名ハリウッドスターが名誉ある賞の授賞式に自らプリウスを運転して乗りつけたという話が挙げられます。
リムジンによる登場が主流である中、あえてトヨタプリウスを選んだことが世界的に知れ渡り、それをきっかけに海外でも大きなヒットを呼びました。
当時の原油高高騰も相まって、予約は半年待ちになったともいわれています。


■人にやさしいサポート機能の充実

プリウスが優れているのは、エコロジーな点だけではありません。
あらゆる人にとって乗りやすいように細やかな配慮が盛り込まれています。
その特徴の一つであり、近年のモデルで特に注力されているのがサポートシステムです。
サポートシステムの主な内容は、車をより安全で安心できるための設備搭載です。
衝突を自動で回避することに役立つプリクラッシュセーフティシステム、車線からのはみ出しを防止するレーンディパーチャーアラート、夜間も安全に走行できるオートマチックハイビーム、そして渋滞時に便利な全車速追従機能こと、レーダークルーズコントロールのそれぞれがあります。ひと昔前では想像できなかった近未来を感じる機能が贅沢にも詰め込まれています。

初代モデル登場時のキャッチコピー「21世紀に間に合いました」の文言は、今なお見事引き継がれているようです。
また、バックランプ右側にリヤフォグランプを搭載し、悪天候の際に被視認性を向上させたことやハンドルの操作性やブレーキの制動力を高めるといったことでも事故予防対策を行っています。

トヨタのプリウスを魅力的な値段で買い取ってもらうには

同じ車でも、種類によってつくりはさまざまです。
そのため、モデルに合ったコツを押さえて買い取り査定に出しましょう。
トヨタプリウスの場合は、多くのエコカーの中でも、さらに安全性能にまでこだわったつくりが最大の特徴です。
システム部分や、純正オプション各種の状態によって、プラス査定が期待できます。
トヨタプリウスを中古で買いたいと考えている人も、やはりプリウスを選ぶからには安全面にこだわりたいという人が少なくないでしょう。
システム部の手入れや純正オプションの揃い具合を確認した上で、査定に出しましょう。

また、ゆったり5人乗りが可能なプリウス車においては、ファミリーカーとして使用するケースも多いことでしょう。
利用している内に細かな傷などもついてしまっている可能性もあるので、簡単なものであれば、ぜひ査定前に修理してから持っていってください。
小さい傷程度であれば、修理に出すどころか市販の研磨剤で見えにくくすることも可能です。
大事に乗り続けた愛車だからこそ、できる限り良い評価となるようひと手間をかけることで、査定金額が大きく変わることは多々あります。
人気のエコカーなので、買取手も多く、状態によっては高額査定が期待できます。

トヨタ プリウスのグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 Aプレミアム ツーリングセレクション 204.4万円~236.2万円 319.9万円~
339.4万円
2015年12月~
1800cc
  • DAA-ZVW51
  • DAA-ZVW55
2位 Aプレミアム 200.3万円~217.7万円 310.7万円~
330.1万円
2015年12月~
1800cc
  • DAA-ZVW51
  • DAA-ZVW55
3位 Aツーリングセレクション 196.6万円~216.4万円 292.6万円~
312.1万円
2015年12月~
1800cc
  • DAA-ZVW51
  • DAA-ZVW55
4位 183.7万円~209.6万円 277.7万円~
297.1万円
2015年12月~
1800cc
  • DAA-ZVW51
  • DAA-ZVW55
5位 Sツーリングセレクション 5.0万円~208.3万円 242.5万円~
282.2万円
2003年9月~
1500cc~
1800cc
  • DAA-NHW20
  • DAA-ZVW30
  • DAA-ZVW50
  • DAA-ZVW55
  • ZA-NHW20
6位 Sセーフティプラス ツートーン 195.7万円~198.6万円 273.3万円~
292.7万円
2017年11月~
1800cc
  • DAA-ZVW50
  • DAA-ZVW55
7位 Sセーフティプラス 191.5万円~197.6万円 260.7万円~
288.7万円
2016年8月~
1800cc
  • DAA-ZVW50
  • DAA-ZVW55
8位 3.7万円~194.5万円 220.0万円~
267.3万円
2000年5月~
1500cc~
1800cc
  • DAA-NHW20
  • DAA-ZVW30
  • DAA-ZVW50
  • DAA-ZVW55
  • ZA-NHW11
  • ZA-NHW20
9位 167.4万円~180.8万円 242.9万円 2015年12月~
1800cc
  • DAA-ZVW51
10位 Sツーリングセレクション・G’s 90.2万円~158.2万円 284.0万円~
292.1万円
2011年12月~
2015年
1800cc
  • DAA-ZVW30
ボタン

トヨタ プリウスへの新着口コミ愛車を売却されたお客様からの口コミです

トヨタ プリウス
(2017年11月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ セダン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DAA-ZVW55
全長×全幅×全高 4540x1760x1475mm
ホイールベース 2700mm
トレッド前/後 1510/1520mm
室内長×室内幅×室内高 2110x1490x1195mm
車両重量 1460kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

トヨタ プリウス の他グレード詳細を見てみる

英数
ナ行
ハ行

全国の トヨタ プリウス の買取強化店

レビュー評価が
高いお店

車買取・中古車査定・価格相場なら【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に