クルマ グーネット

エスティマエスティマ 2WD(トヨタ)の買取・査定相場一覧|エスティマエスティマ 2WD(トヨタ)を高く売るポイントをご紹介

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

トヨタ エスティマ エスティマ 2WD買取相場

トヨタ エスティマ

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

エスティマの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

トヨタ エスティマの査定価格の変動について

2016年8月は下落傾向でした。マイナーチェンジがありましたが、全体では横ばい基調の堅調な推移です。小売人気も高いため、今後は年末に向け緩やかな下落が予想されます。

2016年6月は下落傾向でした。ビッグマイナーチェンジの実施が要因と思われます。同じ50系でもマイナーチェンジ毎で、人気に差があるため、各モデルでの相場差に注意が必要です。

かわいらしいフォルムで人気のトヨタ・エスティマ

■トヨタ・エスティマは可愛らしいフォルムが魅力

一家に一台、そんな存在として重宝できそうなのがこのトヨタ・エスティマです。
老若男女問わず好印象が持たれそうなフォルムが印象的となっており、幅広い世代が進んで乗りたくなるような印象を持つのがこの車種の魅力です。
キャッチコピーについてもそんなシルエット面を強調したものであったため、知らないという人も少なくないかもしれません。
「天才タマゴ」というそのキャッチフレーズはテレビCMやチラシ、またトヨタのプロモーションなどにおいても広く使われ続けています。
そのコピーの通り、タマゴのような流線型が印象的なので、どこかかわいらしくも感じられます。

また、車であるからにはやはり欠かせないのが走りの面ですが、もちろんエスティマはその点もこだわっています。
フロントモーターとは独立したE-Four(電気式4WDシステム)用リヤモーターにより、滑りやすい路面における走行安定性をアシストします。
また燃費向上にも繋げられるため、効率面でも役立つことでしょう。
かわいらしいフォルムながら、侮れない機能面を備えたエスティマは、まさに「天才タマゴ」といった印象です。充実のカーライフが楽しめることでしょう。


■トヨタ・エスティマのサードシート格納機能

家族向けな印象の強いこの車種は、利便性が感じられる機能面も特徴的です。
たとえば、7人乗り後部座席を格納して大型の荷物も積めるという、サードシートの格納機能があります。
格納できるだけであれば他の車でも見られますが、トヨタ・エスティマは6:4分割・電動床下格納機能付サードシートによって、スイッチ1つによる自動格納が実現されています。
アウトドアで疲れているときや、いっぱいに荷物を抱えているとき、また手動操作が危険な子供のいる家庭などでも気軽に利用することができます。

また、サードシートを格納してセカンドシートを後部にスライドさせることでVIP空間を演出できる、セカンドシート超ロングスライドも魅力です。
足元にはオットマンもついており、車内とは思えないリラックス空間に仕上がります。

トヨタ車エスティマをより高く売るコツ

トヨタ・エスティマの査定額をより高いものにさせるためには、どのようなコツがあるのでしょう。
人気車種であるトヨタ・エスティマですが、やはり車体によって査定は変わってきます。
たとえば代表的なのは、カラーについてでしょう。
同じエスティマの同じモデル、同じ状態であったとしても、カラーひとつで金額は違ってくることもあります。
人気のカラーのものであれば、通常より高い価格を設定していたとしても買い手がつくことがあるため、より高い査定金額になることが期待できます。

また、トヨタ・エスティマは歴史の長いモデルでもあります。
初代は1990年に登場しており、すでに30年近く役割を担い続けています。
それだけに注目したいのが、走行距離でしょう。
走行距離が長ければ、車としての消耗度合いに懸念が持たれるため、価値の低下は否めません。
ですが、人気の高いトヨタ・エスティマであれば、ある程度古いモデルでもそれなりの査定に繋げられるかもしれないでしょう。
ただ、1年間分を換算した距離が、平均的な年間走行距離である10,000キロを下回るかどうかで査定は変わるといいます。
ギリギリのラインであれば、査定に出す前の走行を極力控えることをおすすめします。

トヨタ・エスティマは警察車両に採用されるほど機能が優れたモデルでもあります。
そのため、機能面にも注目される可能性は高いでしょう。
機能の不備がないか確認して、もし気になる部分があれば修理に出してから査定してもらうというのも、ひとつの手だと言えます。

ボタン

トヨタ エスティマエスティマ 2WD
(平成6(1994)年8月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ミニバン・ワンボックス
ドア数 4ドア
乗員定員 7名
型式 E-TCR11W
全長×全幅×全高 4750x1800x1780mm
ホイールベース 2860mm
トレッド前/後 1560/1550mm
室内長×室内幅×室内高 2800x1635x1220mm
車両重量 1770kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

トヨタ エスティマ の他グレード詳細を見てみる

英数
ア行
ハ行

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に