A3 (アウディ)の買取相場・査定価格

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

アウディ A3買取相場

アウディ A3

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

アウディ A3 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥37,000~¥2,307,000

平均使用年数7年

平均走行距離55800km

平均レビュー満足度

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

A3の年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

アウディ A3の査定価格の変動について

2017年2月は上昇傾向でした。相場の下落が続いていましたが、2月に入ると高年式で走行距離が短い、状態の良い車両に落札が集中し、相場を引き上げました。

2017年1月は下落傾向でした。2016年9月に発売から3年を迎えたことで、1回目の車検を迎える車両を中心に流通量が増加し、相場が下落を続けています。

2016年9月は下落傾向でした。市場流通量の増加に合わせて、価格が緩やかに下落しています。今後も年始の需要期までは、緩やかな下落が続くと思われます。

2016年8月は下落傾向でした。発売から3年が経過したことでの買い替え需要もあり、市場流通量が増加しています。増加に合わせる形で、緩やかな価格の下落が起こっています。

2016年6月は上昇傾向でした。急落による価格の低下で買得感が高まり、需要が生まれたことにより、価格の高騰が起こり、現在も高価格を維持している状態です。

2016年5月は上昇傾向でした。繁忙期の終了に合わせて一時的に下落しましたが、高い成約率から強い引き合いも窺える通り、価格が反発して、上昇に転じました。

2016年3月は下落傾向でした。4月以降も市況に合わせて価格が下落していくと思われます。但し、AA成約率が高く、引き合いが強いことから下落の幅は緩やかになると予想されます。

2015年12月は上昇傾向でした。昨年9月から大きな急落の動きに反発して、価格が適正値に戻る形で上昇に転じました、今後は、上昇は収まると思われます。

アウディのベーシックにして上質モデル・A3

■アウディというステータス

アウディは、いわずと知れたドイツ高級車メーカーのひとつです。
フロントに掲げられた4輪のエンブレム、それだけでも高級感が感じられてなりません。
シンプルながら品格あるたたずまいが特徴的となっており、成功者、ハイクラスの乗り物としてフィットすること必至です。

とはいえ、初代からそのような存在感を誇っていたかといえば、そうでもありません。
「小さな高級車」というコンセプトのもと、エントリーモデルとして展開されていました。
アウディ車ならではの品は感じられるものの、そこまでのオーラは感じられないかもしれません。
ですが、初代登場から20年が経った現行のモデルにおいては、物足りなさを感じることはまずないでしょう。
先代である2代目よりさらに大型化、ホイールベースも拡大されて、堂々の風格をまとっています。
まさに、ステータスとして乗りこなせる1台といった印象です。

シンプルな外装ですが、その分からバリエーションが充実しているので、こだわりも十分に反映できそうです。
メインカラーとなるアイビスホワイトはじめ、コスモスブルー、モンスーングレーなどのメタリック仕様、クリスタルエフェクトのマコウブルーなど、10もの展開がされています。
好みやセンスでチョイスして、自分らしいA3を楽しんでみてはいかがでしょう。


■実用車としても大いに活かせるエンジン仕様

高級車といえば、何かとステータスの意味合いが強調されがちかもしれませんが、アウディA3に関してはそれに留まりません。
いち実用車としても重宝できる特徴が、大いに盛り込まれています。
外見と相まって、何とも洗練された印象でしょう。

特に注目すべきは、エンジン部分です。
1.4 TFSI、2.0 TFSIの2タイプ計4種類のエンジンは、いずれも燃費性能に優れています。
前者はリッター19.5キロ、後者は16.0キロが実現されているほどです。
高級車ながら、長く気軽に乗れる実用車として気に入ることでしょう。


アウディA3を高く売るにはどうするのが理想的?

アウディA3は新車価格が300~400万円前後となっており、状態にかかわらずある程度の高額査定は期待できるでしょう。
ですが、せっかくの上質な愛車を手放すわけですから、できる限り良い値段で手放したいというのが本音なはずです。
ポイントを押さえて、より魅力的な売却を目指しましょう。

たとえば、年式についてチェックしましょう。
アウディA3は1996年から販売される歴史ある車です。
そのため、中には結構古い年式のものも存在します。
いかにアウディA3とはいえ、モデルが古く、さらに走行距離も重ねているとなれば、マイナス査定は否めません。
現行のものが3代目なので、この世代のタイプの方がより期待値は高く設定できるでしょう。
初代はエントリーモデルでもあったため、その点比較的評価は低めかもしれません。

そして、低燃費かつパワフルな仕様の作り上げられた、エンジン周りにも目を向けましょう。
アウディA3の魅力となる部分であるため、エンジンの状態も評価に大きく影響することが考えられます。
汚れやほこりの詰まり、また異音の有無などをチェックして、できる限り良好な状態に近づけておきましょう。
ひどい場合には、メンテナンスに出したほうが良いという場合もあります。

アウディ A3のグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 スポーツバック1.4TFSIスポーツSラインパッケジ 230.7万円~230.7万円 361.0万円 平成29(2017)年1月~
平成30(2018)年
1400cc
  • DBA-8VCXS
2位 スポーツバック1.4TFSI スポーツ 204.0万円~204.0万円 329.0万円~
332.0万円
平成29(2017)年1月~
平成30(2018)年
1400cc
  • DBA-8VCXS
3位 スポーツバック1.8TFSIクワトロSラインパック 165.6万円~196.5万円 472.0万円 平成27(2015)年1月~
平成29(2017)年
1800cc
  • ABA-8VCJSF
4位 スポーツバック1.8TFSIクワトロ 89.1万円~173.4万円 393.0万円~
429.0万円
平成25(2013)年9月~
平成29(2017)年
1800cc
  • ABA-8VCJSF
5位 スポーツバック1.4TFSI COD Sラインパック 130.6万円~167.7万円 399.0万円~
424.0万円
平成27(2015)年1月~
平成29(2017)年
1400cc
  • DBA-8VCPT
6位 スポーツバック1.4TFSIシリンダーオンデマンド 82.7万円~157.0万円 347.0万円~
381.0万円
平成26(2014)年4月~
平成29(2017)年
1400cc
  • DBA-8VCPT
7位 スポーツバック1.4TFSI 7.7万円~148.8万円 293.0万円~
328.0万円
平成20(2008)年9月~
平成30(2018)年
1400cc
  • ABA-8PCAX
  • DBA-8PCAX
  • DBA-8VCXS
8位 スポーツバック2.0TFSIクワトロ 8.6万円~50.5万円 399.0万円~
463.0万円
平成20(2008)年9月~
平成30(2018)年
2000cc
  • ABA-8PCCZF
  • ABA-8VCZPF
9位 スポーツB1.8TFSI Sライン+LTD 19.8万円~27.5万円 399.0万円 平成22(2010)年1月~
平成23(2011)年
1800cc
  • ABA-8PCDA
10位 スポーツバック1.8TFSI 3.7万円~20.1万円 348.0万円~
365.0万円
平成19(2007)年4月~
平成24(2012)年
1800cc
  • ABA-8PBYT
  • ABA-8PBZB
  • ABA-8PCDA
ボタン

アウディ A3への新着口コミ(評判)愛車を売却されたお客様からの口コミです

アウディ A3
(平成31(2019)年4月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DBA-8VCXS
全長×全幅×全高 4335x1785x1440mm
ホイールベース 2635mm
トレッド前/後 1525/1495mm
室内長×室内幅×室内高 ----x----x----mm
車両重量 1320kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

アウディ A3 の他グレード詳細を見てみる

英数
ア行
サ行

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に