Eクラスステーションワゴン (メルセデス・ベンツ)の買取相場・査定価格

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン買取相場

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥37,000~¥4,869,000

平均使用年数9年

平均走行距離77120km

平均レビュー満足度

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

Eクラスステーションワゴンの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴンの査定価格の変動について

2017年2月は下落傾向でした。新型が登場して乗り換え等でデビュー初期を中心に下落となっています。セダンと比較して流通が少ないため、今後もやや不安定な推移が予想されます。

2016年11月は下落傾向でした。7月のセダンや11月のワゴンの登場を受け、下落が進んだようです。今後も新型への買い替えに伴う流通増加で、下落が続く見込みです。

2016年5月は上昇傾向でした。新型の情報が出ていますが、例年通りの推移となっています。但し、今後は新型登場に向け、デビュー初期を中心に再び下落に転じることが予想されます。

2016年3月は下落傾向でした。デビュー初期の走行7~10万km前後の車両が全体相場に影響を与えたようです。次期型の情報も出ており、今後も下落傾向が続くことが予想されます。

最上級の利便性!メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴン

■実用的なステーションワゴンのイメージを覆す

ステーションワゴンといえば、積載性やパワフルさなど、何かと実用的な用途を意識して検討する車でしょう。
事実、安定感あるたたずまいと空間の広さが、大きな特徴になっています。
しかし、メルセデス・ベンツのEクラスステーションワゴンについては、そんなイメージばかりでもありません。
メルセデス・ベンツならではの高級感と品格が、所有者のステータスをも彩る存在となるでしょう。

外観としては、すっきりまとめられた印象です。
十分な高級感をかもしつつも、なめらかで美しいシルエット、そして余計な装飾を排除した洗練が、さすが最上級ブランドといった雰囲気です。
とはいえ、説明不要の存在感を誇る幅広グリルとベンツエンブレムにより、シンプルながら大胆な主張をも実現しています。
まさに、大人のワゴンにぴったりな車といえるでしょう。

また、内装についても妥協はありません。
特に目を引くのが、こだわり抜かれたアンビエントライトです。
ドアやダッシュボード、センターコンソールに光のラインが施されており、気分次第であらゆる空気感を演出できます。
そのパターンたるや、何と64色にも及ぶほどです。
長距離移動や高速走行においても、ストレスを大いに和らげてくれるのではないでしょうか。


■ステーションワゴンに欠かせない積載の充実

ワゴン車を選ぶからには、やはり充実の積載性も活用したくなるはずです。
一般的なステーションワゴンのイメージに当てはまらない上質なメルセデス・ベンツEクラスステーションワゴンとはいえ、この点もしっかりこだわられています。
ぜひ注目してください。

まず目を引くのが、広い開口部です。
ラゲッジが広くても、開口部が小さい場合積み下ろしは何とも手間に感じられます。
ですがEクラスステーションワゴンは、ラゲッジ全体が広く見渡せるような仕様となっており、使いやすそうです。
後部際部分がフラットなどで、大物を一人で積む際にも心強く感じられるでしょう。

さらに、スイッチひとつで後席を倒すことも可能です。
すべて倒すと1,820リットルもの空間が作れます。
いちワゴン車としても、申し分のない魅力が感じられるでしょう。

高く売るコツ!メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴン

メルセデス・ベンツのEクラスステーションワゴンは、いわずと知れた高級車の一角です。
そのため、基本的に売却価格も期待が持てるでしょう。
しかし、せっかく手放すならより良い評価をつけて欲しいといったところです。
次のコツを、役立ててみてください。

ステーションワゴンは積載に長けたモデルであるため、アウトドアや遠出に役立てるケースも多いことでしょう。
しかしアクティブに活用する場合、車体トラブルにも注意しなくてはなりません。
メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴンならではのポイントとしては、ラゲッジ開口部の手前側が挙げられます。
フラットかつ金属加工されており、重い荷物をひっかけながら乗せることに適しています。
しかしそういった使用をおこなう場合、際部分に傷や汚れがつきやすいのも実際のところです。
査定士にマイナスな印象を与えるような部分がないか、事前に確認しておきましょう。

そして、ディスプレイがタッチパネル式という点も特徴的です。
感覚的な操作でインターネットにアクセスできるため、何とも便利です。
しかしその反面、指紋や汗で汚れが生じやすいのも実際のところでしょう。
メルセデス・ベンツ「COMANDシステム」ならではの超ワイドディスプレイ仕様なだけに、なおのこと目立ちやすいです。
クリーナーでしっかり拭いて、良好な状態にしておいてください。

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴンのグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 E400 4マチックステーションワゴンエクスクルシブ 435.0万円~486.9万円 1050.0万円~
1088.0万円
平成29(2017)年8月~
平成30(2018)年
3500cc
  • RBA-213271
2位 E250 ステーションワゴン アバンギャルドスポーツ 414.2万円~424.7万円 803.0万円~
852.0万円
平成29(2017)年8月~
令和元(2019)年
2000cc
  • RBA-213245C
3位 E220d ステーションワゴンアバンギャルドスポーツ 388.2万円~409.1万円 787.0万円~
807.0万円
平成29(2017)年8月~
平成30(2018)年
1900cc
  • LDA-213204C
4位 E200 ステーションワゴン アバンギャルドスポーツ 383.0万円~398.7万円 764.0万円~
784.0万円
平成29(2017)年8月~
平成30(2018)年
2000cc
  • RBA-213242C
5位 E220d ステーションワゴン アバンギャルド 341.4万円~357.0万円 735.0万円~
780.0万円
平成29(2017)年8月~
1900cc
  • LDA-213204C
6位 E200 4マチックステーションワゴンアバンギャルド 331.1万円~351.9万円 735.0万円~
782.0万円
平成29(2017)年8月~
1500cc~
2000cc
  • DBA-213243C
7位 E200 ステーションワゴン アバンギャルド 325.9万円~346.6万円 712.0万円~
759.0万円
平成29(2017)年8月~
1500cc~
2000cc
  • RBA-213242C
8位 E400 ステーションワゴン アバンギャルド 310.2万円~320.7万円 975.0万円 平成27(2015)年2月~
平成28(2016)年
3500cc
  • MBA-212261C
9位 E350ブルテックステーションワゴンアバンG 78.4万円~281.7万円 833.0万円~
877.0万円
平成22(2010)年2月~
平成28(2016)年
3000cc
  • LDA-212224C
  • LDA-212226C
10位 E550ステーションワゴン アバンギャルド 99.7万円~276.5万円 1115.0万円~
1212.0万円
平成22(2010)年2月~
平成28(2016)年
4700cc~
5500cc
  • CBA-212272
  • CBA-212273
  • DBA-212273
ボタン

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴンへの新着口コミ(評判)愛車を売却されたお客様からの口コミです

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン
(平成31(2019)年3月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ワゴン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 -----
全長×全幅×全高 4933x1852x1475mm
ホイールベース 2939mm
トレッド前/後 -----/-----mm
室内長×室内幅×室内高 ----x----x----mm
車両重量 -----kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン の他グレード詳細を見てみる

英数

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に