ティグアン (フォルクスワーゲン)の買取相場・査定価格

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

フォルクスワーゲン ティグアン買取相場

フォルクスワーゲン ティグアン

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

フォルクスワーゲン ティグアン 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥81,000~¥2,739,000

平均使用年数6年

平均走行距離45455km

平均レビュー満足度

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

ティグアンの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

フォルクスワーゲン ティグアンの査定価格の変動について

2017年5月は上昇傾向でした。特に5年落ち以前に関しては、相場下落が顕著でしたが、上昇へ転じました。先代となり需要が低下しましたが、価格帯に値ごろ感が出たためと思われます。

2017年3月は下落傾向でした。2011年式を境にマイナー後期モデルと前期モデルの価格差が大きく、二極化の状況です。先代になり、今後はこの価格差は縮小すると思われます。

2017年2月は下落傾向でした。モデル初期の流通が多い一方で、新型の発売に伴いモデル末期の流通も増加し、価格の二極化が進んでいます。今後もこの傾向は続くと思われます。

2017年1月は上昇傾向でした。台数が少なめな高年式は価格維持、初期モデルを中心に大きめに下落と、価格差があります。新型デビューにより、今後高年式の下落が予想されます。

2016年10月は下落傾向でした。全体の変動に伴い相場の上下動はありますが、比較的安定しています。その中で、年式や評価点等、状態が良いものの引き合いが強い傾向が見られます。

2016年8月は下落傾向でした。価格の変動は大きくはなく、人気が安定しているコンパクトSUVということで、需給バランスが取れているものと思われます。

2016年2月は上昇傾向でした。2015年末は一時的に相場が落ち込みましたが、流通台数がそれほど多くない中で、手ごろなSUVとして需要があり、早めの相場回復となったと思われます。

2016年1月は上昇傾向でした。2015年の秋以降の相場下落が落ち着きつつあるようです。小売の流通台数の増加と相場下落が続いているため、利幅の縮小に注意が必要です。

フォルクスワーゲンの人気車種・ティグアンとは

■ヨーロッパ人気の車種が日本上陸

フォルクスワーゲンの人気車種の一つに、ティグアンがあります。
最初に発表されたのは、2006年に開かれたジュネーブモーターショー登場した「コンセプトA」です。
これをもとに開発され、2008年に発売が開始されました。
車種のタイプ的には、クロスオーバーSUV車に該当します。
フォルクスワーゲンでは、クロスオーバーSUV車としてすでにトゥアレグを市場に投入していました。
しかしクロスオーバーSUV車の世界的な需要の高まりにより、第2弾としてティグアンを発売。
トゥアレグと比較すると、一回りコンパクトな車体になったため、小回りが利いて扱いやすいといわれています。

ティグアンはヨーロッパで絶大な人気がありました。
しかし日本では広く取り扱っていなかったため、知名度があまり高くないかもしれません。
しかし、2017年になってフォルクスワーゲンから本格的に日本で売り出すことになりました。
今後は日本でも人気を集める車種として注目されています。


■デザインだけでなく実用性にも優れている

ティグアンのユーザーレビューを見ると、見た目と共に性能がかなり評価されていることがわかります。
高級感のあるエクステリアは、日本車にはない独特の雰囲気を感じさせるデザインです。
ティグアンのエクステリアは、同じくフォルクスワーゲンから発売されているゴルフをモチーフにしています。
また、ゴルフと比較して少し車高が高いため、街中を走行していても存在感があります。

一方で走行性能も十分なスペックを持っています。
エンジンの排気量は1.4リッターです。
人によっては、少しパワー不足ではないかと思う方もいるでしょう。
しかし実際に乗ってみると、その心配はなくなります。
高速道路でもエンジンのパワー不足を感じることが少なく、加速性能も満足であるといった意見が多いです。
安定した車体はコーナリングの多い山道でも、テールが振られるようなこともなく、快適に走行ができます。

高年式であれば高額買取の可能性も高いティグアン

"ティグアンは日本に徐々に入ってきていることもあって、中古車市場でも取引数が年々増えています。
フォルクスワーゲンの中では、比較的リーズナブルな車種ではありますが、新車で購入するには費用面で少し厳しいかもしれません。
中古車であれば安く手に入るということで、市場では人気があります。

フォルクスワーゲンティグアンの買取相場をみてみると、高年式のものを中心に高額査定がつきやすい傾向がみられます。
3~4年落ちのティグアンでも、状態の良い車であれば170~190万円台で取引されるケースがあるほどです。
7~8年落ちのティグアンでも、100万円を超える買取価格のつく可能性が期待できます。
しかしこれよりも低年式のティグアンであれば、100万円を超える金額で買取してもらうことは難しいようです。
もし売却を検討しているのであれば、早めに査定をお願いしたほうがよいでしょう。

ティグアンを高く売るためには、売却するタイミングが重要です。
特に新生活をスタートするにあたって車を乗り換える人が多いため、ティグアンのニーズも高まります。
1~2月ごろに売却すると、新年度に中古車でマイカーを購入したい人の手に渡りやすいため、高額査定になる可能性が高いです。

フォルクスワーゲン ティグアンのグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 TSI Rライン 273.9万円~273.9万円 463.2万円~
481.0万円
平成29(2017)年1月~
1400cc
  • ABA-5NCZE
2位 TSI ハイライン 247.9万円~247.9万円 433.2万円~
450.9万円
平成29(2017)年1月~
1400cc
  • ABA-5NCZE
3位 TSI コンフォートライン 222.0万円~222.0万円 360.0万円~
369.9万円
平成29(2017)年1月~
1400cc
  • ABA-5NCZE
4位 2.0TSI Rライン 4Mアップグレードパッケージ 146.6万円~175.1万円 532.9万円 平成27(2015)年7月~
平成29(2017)年
2000cc
  • ABA-5NCCZ
5位 2.0TSI Rライン 4モーション 104.9万円~172.5万円 426.0万円~
483.2万円
平成25(2013)年9月~
平成29(2017)年
2000cc
  • ABA-5NCCZ
6位 TSIブルーモーションテクノロジーRラインパッケージ 97.3万円~164.9万円 379.0万円~
407.9万円
平成25(2013)年5月~
平成29(2017)年
1400cc
  • DBA-5NCTH
7位 2.0TSI ライストゥン 4モーション 115.4万円~159.6万円 409.9万円~
419.9万円
平成27(2015)年1月~
平成29(2017)年
2000cc
  • ABA-5NCCZ
8位 ラウンジ エディション 115.3万円~146.6万円 342.0万円 平成27(2015)年7月~
平成29(2017)年
1400cc
  • DBA-5NCTH
9位 ラウンジ 120.6万円~141.3万円 386.9万円 平成27(2015)年4月~
平成28(2016)年
1400cc
  • DBA-5NCTH
10位 TSIブルーモーションテクノロジー 70.2万円~112.8万円 339.0万円~
365.5万円
平成25(2013)年5月~
平成27(2015)年
1400cc
  • DBA-5NCTH
ボタン

フォルクスワーゲン ティグアンへの新着口コミ(評判)愛車を売却されたお客様からの口コミです

フォルクスワーゲン ティグアン
(平成31(2019)年1月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 LDA-5NDFGF
全長×全幅×全高 4500x1860x1675mm
ホイールベース 2675mm
トレッド前/後 1585/1575mm
室内長×室内幅×室内高 ----x----x----mm
車両重量 1730kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

フォルクスワーゲン ティグアン の他グレード詳細を見てみる

英数
サ行
タ行
ラ行

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に