500 (フィアット)|買取相場・価格査定なら中古車買取の【グー買取】

バナー

フィアット 500 500 2018年7月(平成30年7月)~販売中

フィアット 500

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

フィアット 500 買取相場情報

今月の買取参考価格¥118,000~¥1,627,000

愛車の情報を入力して詳細な相場情報を確認しましょう!

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

フィアット 500の相場変動について

2017年5月は上昇傾向でした。販売期間の長い車両であり、状態の良い高年式車と価格の手頃な低年式車で落札価格の二極化が見られます。

2017年3月は横ばい傾向でした。発売から9年が経過し、走行距離が10万kmを超える車両の流通も多く、状態の非常に良い車両とそうでない車両で価格の二極化が進んでいます。

2016年12月は上昇傾向でした。流通の中心がモデル末期の低年式の車両から比較的高年式の車両にシフトし、相場を押し上げています。

2016年8月は横ばい傾向でした。小売人気も高く、安定した推移です。但し、全体では走行6万km超から安値傾向が窺えます。今後は年末に向けて緩やかな下落傾向が予想されます。

2016年6月は上昇傾向でした。走行2万km未満の車両の増加が要因のようです。他モデルと異なり、黄や赤などのカラフルな色でも人気があるため、色の価格差は小さい傾向です。

2016年4月は下落傾向でした。高年式の相場がデビュー初期の相場に引きずられる値動きが窺えます。但し、小売人気も高いため、5月以降は上昇に転じることが予想されます。

2016年1月は緩やかな下落傾向でした。登場から8年近くを迎え下落が継続中です。色よりも走行距離を重視した品質重視の相場が窺えます。今後も緩やかな下落が続く見込みです。

2015年12月は下落傾向でした。高いAA成約率の車種でしたが、約半年間、低下傾向が見られます。デビューから7年が経過し市場への供給が増加し下落が強まっていると思われます。

おしゃれなイタリア車・フィアット500の特徴を紹介

■おしゃれなイタリア車として日本でも人気の車種

フィアット500はイタリアにある自動車メーカーが製造していた自動車のことです。
初代フィアット500が登場したのは、実に1936年のことで今から80年以上も前の話です。
1977年に一度生産終了しましたが、それまでに通算約400万台の製造実績があります。

イタリア本国やヨーロッパだけでなく、世界中に愛好者が存在しています。
そのような声にこたえる形で、2007年から3代目のモデルを発表しました。
ちょうど2代目モデルが発表されてから50年経過したタイミングです。
また、日本でもなじみのある外車と言えるかもしれません。
アニメ「ルパン3世」を見ていた人にとっては、主人公のルパンの愛車といわれればイメージできるでしょう。
知名度も高いため、「この車に乗ってみたい」と思う人も、少なからずいるようです。


■デザイン面に大きな特徴が

フィアット500の特徴として見逃せないポイントは、なんといってもそのデザインです。
近年の国産車ではなかなか見られない、キュートな形状をしています。
昔のイタリア車がもつおしゃれな雰囲気が再現されています。
また、インテリアもかなり個性的といえます。
例えば丸型の単眼メーターは、最近の車ではなかなか見られないレイアウトです。
昔ながらのパネルをしっかり再現できているため、内装にこだわる人も納得できるでしょう。
加えて最新モデルでは、現代の車らしくパワーウィンドウを採用。
シフトレバーを挟むような感じで、左右にレイアウトされたスイッチ位置は、個性的で多くの人の目を引きます。

フィアット500の特徴として、ミッションの方式も見逃せないところです。
この車は、ATモード付5速シーケンシャル・デュアロジックが採用されています。
これはクラッチペダルやシフトレバーのギアチェンジについては自動で行ってくれますが、実質的な仕組みはマニュアルで行うというものです。
そのため基本はオートマチックでありながらも、細かなアクセルワークによって、マニュアルと似たような走行感覚が味わえます。

中古車市場でも人気のフィアット500を高く売るには?

フィアット500は、初代のモデルから続いて80年以上の歴史があります。
加えて日本の有名アニメの主人公が乗っていた車ということで、日本人の間でも親しみのある外車と言えるでしょう。
そのこともあって、フィアット500は中古車市場でも非常に高い人気があります。
状態が悪い場合でも、高く売れる可能性は十分にあります。

過去のフィアット500買取実績を見てみると、同じ車種のなかでもいくつかグレードがあるため、グレードの種類よっても買取価格が異なります。
もちろん状態が良いに越したことはありません。
場合によっては100万円前後の価格がつく可能性も、十分にあるでしょう。

もしリセールバリューのことも考えて購入するのであれば、ボディカラーに気を付ける必要があります。
一般的な車ですと、ホワイトやブラックといった定番のカラーは人気があります。
しかし、フィアット500の場合は、往年の名車をイメージさせるイエローも人気があるようです。
カラーを引き立たせるためには、査定を受ける前に、洗車をしっかり行うとよいでしょう。
洗車を行うと、細かな傷が目立つから嫌だという人がなかにはいます。
しかし、汚れた車と比較してきれいな車の方が、査定士の印象も良くなるため、こまめな洗車を心がけておくと安心です。

フィアット 500のグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 ヴィンテージ 135.2万円~162.7万円 267.8万円 2015年9月~
2017年
880cc
  • ABA-31209
2位 メントルザータ 128.9万円~154.4万円 220.3万円 2015年4月~
1200cc
  • ABA-31212
3位 ツインエア ラウンジ 55.1万円~151.3万円 245.0万円~
263.5万円
2011年3月~
880cc
  • ABA-31209
4位 カルト 94.6万円~123.2万円 264.6万円 2014年12月~
2016年
880cc
  • ABA-31209
5位 ツインエア ポップ 44.3万円~118.5万円 215.0万円~
232.2万円
2011年3月~
880cc
  • ABA-31209
6位 ペッレ 89.1万円~116.9万円 237.6万円 2014年9月~
2016年
880cc
  • ABA-31209
7位 1.2 ポップ 24.9万円~111.7万円 195.0万円~
199.8万円
2010年8月~
1200cc
  • ABA-31212
8位 メンティーナ 86.5万円~110.8万円 228.9万円 2014年12月~
2016年
1200cc
  • ABA-31212
9位 ジェラート 80.4万円~108.6万円 225.7万円 2014年6月~
2016年
880cc
  • ABA-31209
10位 バイ グッチ 91.9万円~108.1万円 260.0万円 2011年9月~
2013年
1200cc
  • ABA-31212
ボタン

フィアット 500への新着口コミ愛車を売却されたお客様からの口コミです

フィアット 500
(2018年7月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 3ドア
乗員定員 4名
型式 ABA-31212
全長×全幅×全高 3570x1625x1515mm
ホイールベース 2300mm
トレッド前/後 1415/1410mm
室内長×室内幅×室内高 ----x----x----mm
車両重量 1020kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

フィアット 500 の他グレード詳細を見てみる

英数
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行

全国の フィアット 500 の買取強化店

レビュー評価が
高いお店

車買取・中古車査定・価格相場なら【グー買取】

PROTO 情報を未来の知恵に